不安による回避行動に対するカウンセリング

回避行動は防衛的な行動

 例えば「~が不安で友人に会いたくない」、「~が不安で会社に行けない」などの不安による回避行動は、基本的に不適切でネガティブな感情を経験することを避けるための防衛的な行動であると考えます。このような回避行動は結果としてやるべき課題の先延ばしにつながることもあり、回避行動と先延ばしには大きな関連性があります。

適切な回避行動と不適切な回避行動

 回避行動が防衛的行動であることを前提として考えた場合に、生命の危機に関わるような重大な局面においての回避行動については、それが適切な危険回避としての防衛的行動であると考える必要があります。回避行動の克服を考えていく際に、その回避行動が生活上ご自身にとって適切なものか、不適切なものかを査定することはとても大切です。

不安そのものは扱わない

 不安による回避行動に対するカウンセリングでは、回避行動の原因となる不安が何に対しての不安なのかを明確にさせることがまずは重要です。例外はありますが、当カウンセリングサービスでは、不安による回避行動に対するカウンセリングで不安そのものを扱うことはほぼありません。不安とはつまり、自らの予測に対して自らが作り出すものですが、その予測を実際に起きた出来事として扱い(仮定の出来事)、その出来事に対して自らがどのように考え、どのように捉えるかということに焦点を当てたカウンセリングを主に行います。もしカウンセリングで不安そのものを扱い、自らの予測に対する事実確認をするなどの方法により(例えば「本当に全員があなたのことを嫌っているのですか?」などの話し合い)不安を軽減させることに成功したとしても、実際にその自らの予測が本当に起こってしまったとしたら、それまでのカウンセリングは何の役にも立たなくなります。

 その仮定の出来事に対して適切な考え方、捉え方が出来れば、もしその仮定の出来事が実際に起こってしまったとしても適切な感情が持てるようになり、結果として回避行動は解消されると考えるのです。

状況を変化させ、不安を解消させる

 ご自身が状況を変化させ、コントロールすることによって、不安を解消させることができる場合もあります。例えば、「~ができるかどうか不安」に対して、具体的に「~ができるようになる」といった状況を作り出すことができれば、その不安は解消し、回避行動を改善することができます。もちろん状況により、ご自身が自発的になったり能動的になる必要があります。もしそれができないのだとしたら、その「できない」の理由と原因を明らかにし、対策を考えていくことになります。

自分の回避行動の原因が何なのかよくわからない・・・

 ご自身の回避行動の原因が何なのかよくわからないという方のご相談もお受けいたします。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします。