心理療法について

  当カウンセリングサービスでは、主にREBT(rational emotive behavior therapy)という心理療法を用いたカウンセリングを行っております。REBTとは、アルバート・エリス博士によって、1955年頃から提唱され始めた心理療法です。REBTでは「人間の悩みは出来事や状況に由来するのではなく、そういった出来事や状況をどう受けとるかという、受け取り方に左右される」と考えます。適切に出来事や状況を受け取ることができれば悩みが軽減され、さらに問題解決に役立つ行動がとれるようになるといった考え方に基づく心理療法です。指示的色彩が強く、即効性があり、自分自身の考え方を自問自答して修正していく方法であるがゆえ、自分で自分をカウンセリングすることができるといった特徴が挙げられます。