「悩みに対してなにもできずにいる」というご相談

まずは状況を変えること

 「お悩みに対してなにもできない状況」を「お悩みに対して何らかの改善策を講じることができる状況」に変化させることが、まず最初に取り組むべきことです。「お悩みに対して何らかの改善策を講じることができる状況」を手にすることができれば、具体的な手段によってお悩みの解消を目指していくことができます。

悩みに対する立ち止まり

 当カウンセリングサービスでは、お悩みに対してなにもできずにいる状況を「悩みに対する立ち止まり」の問題として捉え、カウンセリングを進めていきます。「悩みに対する立ち止まり」の原因としては、以下の三つが挙げられます。

問題の複雑化

 いくつかの問題が絡み合って状況が複雑化してしまい、考えがまとまらず、頭の中で問題の整理ができなくなってしまいます。何から手をつけてよいものかわからなくなってしまい、結果としてお悩みに対してなにもできずにいてしまいます。

原因不明の悩み

 お悩みの原因が何なのかわからないため、お悩みに対する改善策を考えることができず、結果としてお悩みに対してなにもできずにいてしまいます。

心理的な問題

 怠惰や不安などの心理的な問題が、お悩みに直面することの障壁となり、結果としてお悩みに対してなにもできずにいてしまいます。なお、不安がお悩みに直面することの障壁となっている場合には、その不安が重大な危機に対する防衛的感情である可能性についても考慮する必要があります。

カウンセリングをおすすめします

 お悩みに対してなにもできずにいる状況は、とても辛いものです。特に「問題の複雑化」や「原因不明の悩み」がその原因となっている場合には、おひとりでそのお悩みを解消させるのはとても困難なものです。このような状況においては特に、カウンセラーと共に状況改善へ向けての取り組みを行うべきであると考えます。カウンセラーと共にご自身の抱える問題を細分化して見つめてみたり、困難な状況に対してカウンセラーと共に改善策を検討してみたりといった経験は、現在抱えているお悩みに対してのみならず、その後の人生においても有意義なものとなります。カウンセリングを受けることのメリットはそこにあるのです。

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします。