インターバルにおけるメールの活用

カウンセリングのインターバルとは、カウンセリングを受けてから次回カウンセリング予定日までの期間を指しますが、ご自身の抱える問題解決を実現させるために、クライエント様がこのインターバルをいかに有意義に過ごせるかということはとても重要です。私の行うカウンセリングでは必ずといっていいほど、セッションの最後にクライエント様と話し合った上で、クライエント様がインターバルに行うべき何らかのホームワークをお出しするようにしております。このホームワークは個別性を持ったものであり、そのセッションの中で自然に発生してくるものだと思っております。セッションの振り返りだったり、セッションで学んだことを実践することだったりと、その内容はさまざまです。このようにして、インターバルを有益な時間として活用し、次回のセッションへ繋げていくといった流れとなるわけです。カウンセリングを受けるだけでご自身の抱える問題が解消されるわけではなく、そのセッションで学んだことを持ち帰って、それを体得できるよう努力することも必要となってくるのです。例えばピアノのレッスンを受けにいっただけで演奏技術が上達するわけではなく、上達するためには家での練習が必要不可欠であるのと同じことです。

 

さて、インターバルの過ごし方がいかにカウンセリングの効果を高めていく上で重要であるかはご理解いただけたかと思います。私はインターバルをクライエント様がより有意義に過ごせるようになるには何が必要か?ということについてはいつも考えております。インターバルにおいてクライエント様は何に困る可能性があるか?、、、やはり一番に考えられるのは、そこにカウンセラーがいないということなのではないでしょうか。例えばセッションで学んだことを振り返っていく中で疑問に思うことがでてきたり、ホームワークにとりかかってみると何らかの問題が浮上してきたり・・・。そのような出来事によってインターバルが空白の時間になってしまうのだとしたら、それは残念なことです。そんなときは誰でもカウンセラーに質問したいと思うのは当然のことでしょう。そんなときのために当カウンセリングサービスでは、インターバルにおけるメールの活用を導入しております。クライエント様はこれを活用することにより、少なくともインターバルを空白の時間にしてしまうような事態を回避することができるでしょう。そして、インターバルを長めに設定しているクライエント様にとっては、このシステムが精神的な安心材料となることでしょう。

もちろんメールであるがゆえ、伝える側、受け取る側の誤解というリスクはついてまわります。よって、メールで取り扱えること、メールではなく次回セッションで取り扱うべきことの判断は、私のほうでさせていただくことにはなります。過去にメールカウンセリングを終了させていただいた経験のある私としましては、メールのやりとりにおけるリスクを承知しているつもりです。しかしそれでも心理カウンセリングを行う中でメールの活用(このシステムでは質問のレベルにとどまりますが)を導入するには、私なりにメールを活用することによるメリットも承知しているからにほかなりません。

現段階では、このインターバルにおけるメールの活用といったシステムが存在することにより、少なくともそれがクライエント様にとっての精神的な安心材料として有益に機能しているのではないかと、私は考えております。ここから更に効果的な心理カウンセリングが行えるような取り組みを検討し、実践していければと思います。

なお、インターバルにおけるメールのやりとりについては、別途料金は一切かかりません。