オリエンテーションプランのご説明

当カウンセリングサービスでは全てのクライエント様に、初回はオリエンテーションプランからご利用いただくシステムをとらせていただいております。出張心理カウンセリングをご希望の方にとっては、出張心理カウンセリングをご利用される前にオリエンテーションプランという別のプランをご利用いただくことになり、少し混乱されてしまう方もおられるようですので、ここで改めてこのシステムについてのご説明をさせていただきます。

 

まず、オリエンテーションプランの意義についてご説明させていただきます。

当カウンセリングサービスのオリエンテーションプランとは、心理カウンセリングを開始する前に必要なオリエンテーションをクライエント様とカウンセラーが1対1の対面形式で行うためのセッションです。ここでは心理カウンセリングを受けるにあたってのクライエント様の疑問や不安、あるいは心理カウンセリングを継続していくにあたってのクライエント様の生活上の問題等をカウンセラーと共に解消すべく話し合っていきます。

心理カウンセリングを開始する前に必要なこととしては、まず第一に、クライエント様の心理カウンセリングに対する疑問や不安を除去することがまず挙げられます。ここには、心理カウンセリングに関する質疑応答のほか、カウンセラーとの相性の確認や、出張形式による対面形式のセッションの雰囲気を実際に体験していただくことなども含まれます。そして第二に、このオリエンテーションで最も重要なこととして、クライエント様がご自身の抱えるお悩みを解消できると信じることができるようになることが挙げられます。カウンセリングスタイルはカウンセラーによりそれぞれ違いはありますが、当カウンセリングサービスではカウンセリングの初期段階においてこのようなオリエンテーションを設けることについては特に重要視しております。このオリエンテーションがその後のカウンセリング効果に大きな影響を与えるものと考えているからです。

また、基本的にはこのオリエンテーションでお悩みについての話をお聴きし、その後のカウンセリングの方向性について等を検討することはあっても、そのお悩みの核心に迫る話し合いを持つことはありません。したがって、もしこの段階でクライエント様がカウンセラーに対し、あるいは当カウンセリングサービスのカウンセリングシステム等についてご納得いただけないことがあるようでしたら、躊躇することなくその後のセッションを希望しないという選択肢を行使することもできるわけです。心理カウンセリングを開始し、お悩みを解消する前にそれを途中で中断するのでは、それまでのクライエント様の努力が報われなくなってしまいます。そのため、当カウンセリングサービスではカウンセリングの過程におけるオリエンテーションを特に重要視し、ポジティブなオリエンテーションが実現できるまで、オリエンテーションプランを複数回ご利用いただけるものとさせていただいております。このような理由で、「初回出張心理カウンセリング~円」というシステムをとらずに、別の独立したプランとしてオリエンテーションプランを設けさせていただいている次第です。

 

心理カウンセリングを受けることに対してある程度のハードルを感じてしまうのは普通のことだと私は思います。オリエンテーションプランは心理カウンセリングではありません。オリエンテーションプランにハードルを感じる必要はないのです。オリエンテーションプランが、そのような方たちに対してお役立ちできるようなプランであることを私は確信しております。

まずはとにかく経験してみることが大切だと思います。疑問点やご質問等ございましたら、どうぞいつでもお気軽にお問い合わせください。

 

オリエンテーションプランのご案内はこちら