カウンセリングの申し込みを躊躇されている方へ

 今回は私から、カウンセリングに興味はあってもカウンセリングをまだ受けたことのない方々へひとつお伝えしたいことがあり、この記事を書かせていただきます。

 

 カウンセリングに興味はあってもカウンセリングを受けずにいるという理由は人それぞれだと思います。例えばカウンセリングに対する抵抗感をお持ちであったり、自分はカウンセリングを受けるほどの大きな悩みを抱えているわけではないとお考えだったり、あるいは悩みに対するカウンセリングというよりは、困難な状況を生き抜くための考え方やその技法を学び、実生活に生かしたいとお考えの方まで、その理由はさまざまです。

 

 

 当カウンセリングサービスでは、カウンセリングに対して抵抗感をお持ちの方や、「私の抱えているような悩みごとでもカウンセリングは受けられるのか?」と疑問をお持ちの方、あるいはマンツーマン形式で先延ばしや回避行動の予防としての学びを深めたいとお考えの方まで、個別にそれらの疑問に応じさせていただきます。

 

 それらに疑問やご質問には現在のところメールによるお問い合わせと、オリエンテーションプランを活用していただくという二つの方法にて対応させていただいております。この二つの方法によって「カウンセリングを受けずにいる理由」、つまりカウンセリングに対する抵抗感や不安、あるいは疑問などをご自身の中で解消できるかもしれません。

 

 また、問い合わせをすること自体に何らかの理由で躊躇してしまっているという方に対しましては、お恥ずかしい話ながら、このようなブログ記事を通じて応援させていただくことしかできずにいる次第です。

 

 

 私が今回一番お伝えしたいのは、「とりあえず動き出してみる」ということです。もし、カウンセリングに興味があるけどカウンセリングについては不明な点が多いからという理由で躊躇してしまっているのでしたら、お問い合わせフォームからご自身の不明な点についての全てを質問していただいて結構です。何度でも質問してください。何度でもご返信いたします。遠慮していただく必要は全くありません。

 

 このようなカウンセリングを受ける前の段階におけるサポートについては、私自身本当に大切なことだと考えているのです。世の中にはこの段階で立ち止まってしまい、おひとりで思い悩み、人知れず苦しんでしまっている方たちがたくさんいらっしゃるのではないかと感じているからです。

 

 それともうひとつ。問い合わせに対してたくさん対応してもらったから、カウンセリングを受けなくてはならないということではありません。それは考えていただかなくて結構です。カウンセラーが私であることに納得いただけなければ、私のカウンセリングは受けるべきではありません。逆にカウンセラーが私であることに納得いただけたら、もちろん私も是非カウンセリングを一緒にスタートさせていただきたいと思います。

 

 最初の一歩を踏み出せばいろいろなものが見えてくるものです。そして動き出せば何らかの変化が起こります。今回私のお伝えしたかったことは、そんなことです。