· 

カウンセリングは習いごと

 カウンセリングの目標はクライエント様のお悩みを解消させることです。カウンセリングを開始してまず最初に行うことは、まさにこのカウンセリングの目標を定めることです。この目標は具体的で明確なものである必要があります。なぜなら、この目標が漠然としたものだと、どうなればカウンセリングの終結となるのかをクライエント様とカウンセラーが確認できなくなるからです。それと、カウンセリングの目標がはっきりとしていればセッションにおける話し合いで脇道に逸れる心配もなくなります。セッションにおける話し合いはカウンセリングの目標を達成するためのものであることを、クライエント様とカウンセラーがお互いに理解しているからです。

 このようにカウンセリングとは、クライエント様とカウンセラーが話し合いによって決定したカウンセリングの目標を達成するために行うもので、カウンセリングの目標達成がカウンセリングの目的となるのです。

 

 ここまでのお話ですと、「カウンセリングの目標達成=クライエント様のお悩み解決」という意味合いでしかとれないかもしれません。もう少し詳しく説明させていただきます。カウンセリングの目標達成とは、クライエント様のお悩み解決にプラスして、クライエント様がその後同じようなお悩みを抱えてしまったときでもご自身でそれを解決できる方法を身につけるという意味合いも持ち合わせます。単純にお悩みの解決ということよりも、問題解決スキルの伝授の方がカウンセリングの目的として重要なことなのではないかと、個人的には思っております。カウンセリングで学んだことや気づきをその後の人生で生かし、幸せな人生を創造していっていただけたらと願っているからです。

 

 考えてみると、カウンセリングを受けることの目的は「自分の弱点を克服すること」であるとも言えると思います。ホームページ上でもお伝えしておりますが、カウンセリングは習いごととして捉えてもらっても良いのではないかと思うのです。例えば、お悩みというほどではないけれど、自分をより向上させるためにセミナーを受ける感覚でカウンセリングを受けてもらっても全然問題ありません。「カウンセリングとは自分の弱点を補い、自分を向上させるためのもの」と考えていただいても結構です。

 私は長いことクラシックギターを習っております。どうしてこの習いごとを続けているかといったら、それは私はクラシックギターがもっと上手に弾けるようになりたいからです。自分の技術を向上させたいからです。芸術を学んでいたいからです。こんなふうな感覚で皆さまが今よりももっと気軽にカウンセリングを利用してもらえる日が来ることを切に願っております。

 

 カウンセリングは「弱い人間の行くところ」とか「頭がおかしくなってしまった人がいくところ」などというイメージはだいぶ今では減ってきているようですが、まだまだカウンセリングは皆さまにとって身近なものにはなっておりませんね。余計なお世話にならない程度に、カウンセリングは全ての人に開かれたものであることをもっと周知することができたらと感じております。当カウンセリングサービスでも微力ながら、いくつかの取り組みを行わせていただいております。興味をお持ちの方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

 カウンセリングに抵抗感や不安をお持ちの方は、こちらをご覧になってみてください。