怠け癖による先延ばし癖を治す工夫

 怠惰(怠け癖)による先延ばし癖を克服することは簡単なものではありません。その理由として、まず先延ばし癖の克服へ向けての取り組みそのものを怠け癖が阻害しがちであるということが挙げられます。「克服したい」と願っていてもいざ克服へ向けての取り組みを行おうとすると、「待ってました」と言わんばかりにどこからか怠け癖がやってきて、その取り組みを邪魔してしまうのです。

 

 単純な話、怠け癖のある人が怠け癖が原因となる先延ばし癖を克服しようとするなら、怠け癖を改善させるほかに方法はありません。実際カウンセリングにおいてはこれこそが最大の関心事となります。もちろんこれは不可能なことではないんですよ。ただしこれを可能とするためには、ご本人の先延ばし癖克服に対する強い決意があることが前提となります。ちなみに、そのような強い決意を持ってカウンセリングを開始される方は、先延ばし癖が改善されるまでの時間が早い傾向があります。やはりご本人の改善意欲は大切ですね。

 

 一方で、高い改善意欲を持てずにいる方もおられます。そのような方に対しては、怠け癖が原因となる先延ばし癖を克服するための過程において、その取り組みに対するモチベーションをキープできるような工夫を凝らした方策を考える必要があります。怠け癖が原因となる先延ばし癖の克服には一定の時間がかかってしまうものです。先延ばしをしない行動を習慣化する必要があるからです。ゆえにその取り組みにおいては、モチベーションのキープがとても重要になってくるのです。

 

 では、先延ばし癖克服へ向けての取り組みの過程でモチベーションをキープさせるにはどうしたら良いのでしょう?これについて考えるということが、「工夫」について考えるということです。

 

 例えばご自身の進化(怠け癖や先延ばし癖改善の度合い、あるいは変化)を実感し続けられるような工夫や、怠け癖や先延ばし癖そのものを先延ばし癖の克服につなげる工夫なども考えられます。これらはご自身に合ったやり方を模索して見つけていく必要があります。それを見つけることができれば、取り組みの「継続」はできるようになると思います。とにかく「前進している」と実感し続けられるようにすることがポイントだと思います。

 

 大切なのは、「やること」に慣れることです。それが先延ばし癖の克服へつながります。なのでまずは、取り組みやすい方策が見つかれば躊躇なくなんでも実践していくべきです。取り組みやすくするための工夫を見つけて、それを実践することが「やること」に慣れるための第一歩になるのです。

 

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリング

 

怠惰(怠け癖)による逃げ癖のカウンセリング