心理カウンセリングにおけるオリエンテーションの重要性

オリエンテーションとは「方向づけ」の意があり、新しい環境に人が順応できるようはからうことです。当カウンセリングサービスで心理カウンセリングをお受けになられる方が最初にご利用いただくことになります「オリエンテーションプラン」は、心理カウンセリングを開始し、クライエント様とカウンセラーが共に力を合わせ、お悩みの解消を目指して話し合いを進めていく際に、セッションをよりスムーズで効果的なものとするのに役立つものであると考えております。

このオリエンテーションプランの目的は、心理カウンセリングに対するハードルや抵抗感をお持ちの方に対する相談援助のほか、クライエント様にご自身の抱えるお悩みを解決できると信じていただけるようになることにあります。それができたとしたら、心理カウンセリングをスタートさせる準備が整ったと考えて良いのだと思っております。クライエント様がご自身のお悩みを解決できると信じることができれば、クライエント様がお悩みの解決へ向けての行動をとりやすくなると考えるからです。

 

案内の方でもお伝えしている通り、このオリエンテーションプランの活用方法はさまざまです。「心理カウンセリングを受けるにあたっての生活上の問題」「経済的なこと」「実施時間帯のこと」「その他心理カウンセリングに関する疑問や不安」などご相談の場としての活用のほか、「ここでカウンセリングを続けられそうか?」「カウンセラーとの相性は大丈夫そうか?」など、初回セッションであるがゆえ、当カウンセリングサービスで心理カウンセリングを受けるか否かを判断する場としての活用も可能です。それによって心理カウンセリングを受けることに対するハードルや抵抗感が軽減されれば、そこにオリエンテーションの意義があると言えるでしょう。

その他、特に心理カウンセリングを受けることに対して抵抗感やハードルを感じることなく、すぐに心理カウンセリングをスタートさせたいとお考えの方は、このオリエンテーションプランを心理カウンセリングの初回セッションとして捉え、お悩みに対するカウンセリングの方向性を話し合うといったことも、お時間の許す範囲内であれば行うことが可能です。ただし、このオリエンテーションプランでは心理療法を導入したカウンセリングを行うことはありません。ここではオリエンテーションを十分に行いたいと考え、それに集中したいと私は考えます。オリエンテーションはカウンセリングの最初のステップであるべきで、カウンセリングの過程で特に重要なものであると、私は捉えております。ここで良いオリエンテーションができるか否かで、カウンセリングの効果に差が出るといっても過言ではないほど重要なものだと言えます。ちなみに私の考えている「良いオリエンテーション」とは、クライエント様がこの先のカウンセリングがどのようなものになるのかをある程度イメージすることができ、その上で先ほどもお伝えした通り、クライエント様がご自身のお悩みを解決できると信じることができるということです。

 

なお、オリエンテーションプランは1回だけしか利用できないといったものではありません。クライエント様がお望みならば、複数回利用していただくことも可能です。そのあたりのことも考慮した上で、コースの選択をしていただければと思います。コースは60分と90分の2つご用意しております。

「カウンセラーともっと慣れてから悩みを話したい」という方は90分のコースを選択しても良いでしょうし、「最初はできるだけ短い時間でお願いしたい」とお考えの場合には、60分コースをお試しいただくのも良いと思います。

 

先述のとおり、当カウンセリングサービスとしましては、オリエンテーションのステップはカウンセリングの過程の中でも特に重要視しているものですので、このオリエンテーションのステップを削ることはありません。よって、当カウンセリングサービスを初めてご利用になる方には、必ずオリエンテーションプランからスタートしていただくものとしております。

ちなみに料金は出張心理カウンセリングよりお安く設定されております。

 

心理カウンセリングに関するご質問は、オリエンテーションプランをご利用いただかなくてはできないということではありません。もちろんいつでもお問い合わせフォームからご質問ください。

オリエンテーションプランに関するご不明な点、その他のご質問等も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

オリエンテーションプランの詳細はこちら