電話とメールによるカウンセリング

関東圏外に在住の方や対面形式のカウンセリングが困難な方へ

 当カウンセリングサービスは主に埼玉県さいたま市を拠点とする出張形式によるカウンセリングを行っております。当ホームページをご覧になられて当カウンセリングサービスに興味を持っていただいた方の中には、埼玉県から離れた地域にお住まいの方もいらっしゃるかと思います。あるいはカウンセリングを受けたいと思っているのに、何らかの理由で対面形式のカウンセリングを行うことが困難な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 当カウンセリングサービスは、1対1のカウンセリングである場合に、カウンセリング効果の最も高いスタイルは対面形式によるものであると考えております。現在世の中に存在するカウンセリングスタイルとしては、この対面形式によるカウンセリングのほかに、電話によるカウンセリングやメールによるカウンセリングなどがあります。しかしこれらのカウンセリングスタイルは対面形式のカウンセリングスタイルに比べると、カウンセリング効果の面では見劣りするものであると言わざるを得ません。

 電話によるカウンセリングの場合には、お互いに相手の表情を見ることができないことや、その場で紙に書き出しながら話し合って共に状況整理することができないなど、不都合なことが多いです。また、メールによるカウンセリングでは、リアルタイムで話し合いができないことや、文章でのやりとりであるがゆえの誤解が生じやすいこと、さらに文章でのやりとりでは間違いなくカウンセリングの限界が存在し、メールによるカウンセリングとして扱えるご相談にはかなりの制限が必要であるといえます。

 このように電話やメールによるカウンセリングには、不便なことが多く、ご相談内容に関してある程度の制限が必要となってきます。しかし、デメリットがあればメリットも存在するものです。

 電話によるカウンセリングに関しましては、先述のように遠方の方でも交通費や出張費を心配することなくカウンセリングを受けることが可能となります。また、何らかの理由で対面形式のカウンセリングを行うことが困難な方などにとっては、カウンセラーと共に問題解決を目指す場としての選択肢が生まれます。

 メールによるカウンセリングでは、言葉では面と向かって伝えることは困難だけど、文章として伝えることなら上手くできるという方には良い方法となり得ます。また、個別性ある(自分のためだけの)メンタルヘルス関連の書籍を読むというような捉え方をして(読書療法的な捉え方)メールカウンセリングを利用するのはとても有効だと思います。例えば「いつもギリギリにならないとやる気が起こらないから、やることなすこと雑な私です。もっと計画的に行動できたら良いと思うのですが、なかなかそれができないのです」というようなことを主訴としてメールでやりとりをするのです。結果的に、そこでやりとりされたメールは全て自分のためだけのメンタルヘルスに関する書籍となるといった考え方でメールカウンセリングを活用する方法です。

 

 電話やメールを使用したカウンセリングのメリット・デメリットはこのような感じです。当カウンセリングサービスは、電話によるカウンセリングとメールによるカウンセリングを、その方法で効果的かつ安全なカウンセリングが可能と判断されるご相談に限り受けするものといたします。

 全てのご相談をお受けすることはできませんが、電話およびメールによるカウンセリングは、上述のようにデメリットばかりではなくメリットもしっかりと存在します。下記の料金・システム・注意事項等をお読みになり、ご利用を希望される方はお問い合わせフォームよりご相談内容と、ご希望のスタイル(電話によるカウンセリングかメールによるカウンセリング)をご記入の上、送信してください。

料金

電話によるカウンセリング 60分 ¥5,000(+消費税)

 

メールによるカウンセリング 1往復 ¥1,000(+消費税)

 

 

※料金は電話によるカウンセリング、メールによるカウンセリング共に前払い制となります。

※料金のお振込先口座番号はメールにてお伝えいたします。

※電話によるカウンセリングは、こちらからクライエント様のお電話におかけして行います。

カウンセリングの流れ

 電話によるカウンセリング、メールによるカウンセリング共に、まず最初にこちらでクライエント様のご相談内容が電話やメールによるカウンセリングで扱うことが可能であるかを慎重に判断させていただきます。そのため、両カウンセリング共に、まずご相談内容(簡潔なもので結構です)をお問い合わせフォームから送信していただきますようお願いします。お問い合わせフォームには、お名前と、電話かメールどちらのカウンセリングを希望するかの旨も併せてご記入ください

 ご相談内容を拝見させていただき、電話やメールでのカウンセリングを行うことがクライエント様にとって適切で、効果的で、かつ安全であると判断できた場合に限り、お受けするものとします。

 以下、電話やメールによるカウンセリングが可能であると判断できた場合の、その後の各カウンセリングの流れとなります。

電話によるカウンセリング

1 カウンセリング実施日および時間帯を、メールのやりとりにて決定(仮予約)させていただきます。

 

2 仮予約したカウンセリング実施日の2日前までにカウンセリング料金を指定の口座にお振込いただきます。

 

3 料金のお振込が確認でき次第、予約確定とさせていただき、その旨メールにてご連絡させていただきます。

 

4 予約したカウンセリング実施日・時間帯にカウンセラーがご指定のお電話に電話をおかけし、カウンセリングを実施します。

 

 

※カウンセリングの継続をご希望される場合には、その場で次回のご予約(仮予約)ができます。

※初回セッションは60分を超えてしまうことがありますことを、あらかじめご了承ください。なお、その際60分を超えてしまっても延長料金は発生しません。

メールによるカウンセリング

1 カウンセリング料金を指定の口座にお振込いただきます。

 

2 ご相談に対するメール(カウンセリングメール)をお送りいたします。

 

 

※料金お振込の確認がとれてからの返信となります。

※カウンセリングの継続を希望される場合には、料金をお振込されてからメールを送信されますようお願いします。

メールによるカウンセリングと電話によるカウンセリングの併用

 メールによるカウンセリングをより効果的なものとするために、電話によるカウンセリングを併用する方法はとても有効です。電話によるカウンセリングを併用することにより、メールによるカウンセリングのデメリットを打ち消し、メリットをより良いかたちで生かすことができるようになります。

 これに近いかたちのメール活用法としましては、当カウンセリングサービスの出張カウンセリング継続中におけるメールサポートシステムが挙げられます。これは次回セッションまでの間でクライエント様の困りごとや心配ごと、あるいは質問等をメールでサポートするシステムです。これを行うことによって、次回セッションの質をより良いものとすることが可能となります。

 このようにメールによるカウンセリングを併用するという考え方で活用していく考え方もあります。より効果的なメールカウンセリングの活用法についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

注意事項 ※お申込みの前に必ずお読みください

 お申込みの前に必ず下記注意事項をお読みください。電話によるカウンセリング、メールによるカウンセリング共に、お申込みをされた段階で注意事項に同意されたものとみなします。

 

1 電話によるカウンセリングは完全予約制です。当日の予約はできません。

 

2 電話によるカウンセリングを予約された方で、予約された日付・時間帯にご都合がつかなくなった場合には速やかにその旨ご連絡ください。その後代替日を調整させていただきます。

 

3 電話によるカウンセリングの予約された日付・時間帯にクライエント様の指定されたお電話に電話がつながらなかった場合には、時間を空けておかけ直しいたします。また、それでも電話がつながらなかった場合には、その旨クライエント様へメールでお伝えすると共に、後日代替日を調整させていただきます。こちらからお送りしたメールに対する返信がなかった場合には、キャンセル扱いとさせていただきますことをあらかじめご了承ください。キャンセルの際、料金の返金はできません。

 

4 電話によるカウンセリングで、クライエント様のご都合によりセッションを予定時間内に終了することがあっても、セッション1回分の料金とさせていただきます。

 

5 電話によるカウンセリングで、クライエント様のご都合によりセッションの開始が予約した時間帯よりも遅れてしまった場合でも、予定された時間帯までのセッションとなります。また、セッションの時間延長はできません。

 

6 電話によるカウンセリングは、仮予約の日付の2日前までに料金のお振込をお願いします。料金お振込の確認がとれ次第、こちらからその旨メールにてお伝えさせていただくと共に予約確定とさせていただきます。

 

7 電話によるカウンセリングの仮予約の日付の2日前までに料金のお振込が確認できなかった場合には、キャンセル扱いとさせていただきます。

 

8 電話によるカウンセリングのセッション以外の場面で、そこでカウンセラーが使用した電話へのご連絡は原則としてお受けすることができません。カウンセラーに連絡する必要がある場合には、メールでご連絡いただきますようお願いします。

 

9 電話によるカウンセリング以外の目的で、カウンセラーがクライエント様の指定したお電話に電話をおかけすることはありません。

 

10 メールによるカウンセリングでは、カウンセラーのスケジュールにより、返信に最長で5日程お時間をいただくことがありますことをあらかじめご了承ください。できる限り早く返信いたします。

 

11 メールによるカウンセリングでは、カウンセラーのスケジュールの関係上、夜中や早朝に返信することがありますことをあらかじめご了承ください。

 

12 メールによるカウンセリングでは、文字のみのやりとりでカウンセリングを行うため誤解が生じる可能性があるということをご理解ください。カウンセラーはその点について細心の注意を払いカウンセリングを行います。

 

13 料金お支払い後の返金はできません。

 

14 ご相談内容が電話やメールによるカウンセリングでは適切ではないと判断される場合には、ご相談をお受けできないことがあります。また、メールによるカウンセリングではご相談をお受けすることはできないが電話によるカウンセリングではご相談をお受けすることが可能であると判断された場合には、その旨お伝えさせていただくことがあります。また、その際にサービスの利用をクライエント様に強制することはありません。

 

15 当カウンセリングサービスは、クライエント様の問題解決を保証するものではありません。

 

16 当カウンセリングサービスは、医学的な診断や治療等の医療行為はできません。また、保険の適用もできません。

 

17 現在、精神科・心療内科等の他機関で、治療やカウンセリングを受けられている方は、必ず担当医師・担当カウンセラーの承諾を得てからご相談ください。

 

18 領収書の発行につきましては、料金のお振込の際に各金融機関から発行される振込証明書(受領書)をもって領収書に代えさせていただきます。

 

19 各金融機関にてお振込の際に発生する手数料は、クライエント様のご負担となりますことをあらかじめご了承ください。

まずはお名前、ご希望のカウンセリングスタイル(電話もしくはメール)、ご相談内容をお問い合わせフォームにご記入の上、送信してください。後日こちらからそのご相談内容が電話もしくはメールによるカウンセリングで扱うことが可能であるかどうかを判断させていただき、ご返信させていただきます。