カウンセラープロフィール

カウンセラー写真

 

森田真彦

 

1973年生まれ

 

NPO法人日本人生哲学感情心理学会認定 REBT心理士補 

 

所属

NPO法人日本人生哲学感情心理学会

NPO法人えじそんくらぶ

 

 

 

皆さまにお伝えしたいこと

 まず最初にお伝えしたいことは、私はカウンセラーである前に、クライエント様のサポーターであるということです。カウンセリングにおいての私の望みはクライエント様の望みといつも一緒です。お悩みの解決がクライエント様のより良い豊かな人生へとつながることを祈っております。

 

 私は現在、先延ばし癖や逃げ癖でお悩みの方に対するカウンセリングを主に行っておりますが、その際にいつも心がけていることがあります。それはセッションが終了した時に、クライエント様には少しでも明るい気持ちになっていただけるよう努めることです。

 

 「いける!いける!」と将来に希望を感じワクワクするような感覚を持つと、人は「やる気」や「勇気」が芽生えてきます。そんな気持ちになれたら、クライエント様はそこから立ち止まることなく、着実に目的地(カウンセリングのゴール)まで歩き続けることができるでしょう。その過程で特別な何かをたくさん手にすることができるはずです。

 

 

 お悩みの解決へ向けて、ご自身が進化していく過程を楽しんでほしいと思います。その先には、自信を持って、自分らしく生きることのできる素敵な人生が待っていることでしょう。

カウンセリングの申し込みをご検討の方へ

 カウンセリングの申し込みを検討するにあたり、「治療」とか「治す」という言葉はあまり考えて欲しくないです。その言葉は私の行うカウンセリングの実際とは少しイメージが違うような気がします。よりしっくりくる言葉があるとすれば、「上手くなる」といったところでしょうか。「先延ばしをしたり、逃げたりしないことが今よりも上手くできるようになる」ためにカウンセリングを受けてみると考えてもらえれば良いのではないかと思います。

 

 また、カウンセリングを通じて、先延ばし癖や逃げ癖に関することだけでなく、いろいろな自分を発見することができると思います。こういったことはクライエント様にとって大きな気づきとなりますよね。カウンセリングを受けることによって、自分自身をよりよく知ることができるようになると思います。人生を逞しく、楽しく生きていくためには「己を知る」ことはとても大切ですよね。

 

 

 カウンセリングを習いごとのように考えていただければと思います。セッションを重ねるごとに気づきを得て、進化を実感し、ご自身のポジティブな変化を楽しんでもらえたらと思います。

 

 カウンセリングのお申込みに不安を感じるようでしたら、オリエンテーションプランをご活用いただくと良いと思います。そこで未知のカウンセリングに対する漠然とした不安は払拭できると思います。