カウンセリングとは

カウンセリングは共同作業です

  クライエント様の抱える悩みや不安などに対して、カウンセラーが専門的な知識や技術を用いて、クライエント様が問題を解決できるように相談援助することをカウンセリングといいます。

 当カウンセリングサービスが行うカウンセリングは、主に心理カウンセリングと呼ばれるものです。カウンセラーはクライエント様ご自身で、カウンセリングにおいての経験を活かし、今後の人生で起こりえる様々な問題に対して主体的に取り組み、ご自身で問題解決することができるよう導いていきます。

 カウンセリングの効果を上げるためには、クライエント様とカウンセラーの信頼関係が最も重要です。そしてその築き上げられた信頼関係のもと、クライエント様の抱えるお悩みを解消すべく、クライエント様とカウンセラーの共同作業でカウンセリングを進めていきます。この共同作業はカウンセラーがクライエント様よりも上に立って行うものではなく、あくまで両者が対等な立場での共同作業となります。

 クライエント様がカウンセリングに積極的な姿勢で取り組むことは、カウンセリングの効果を上げることにつながります。共同作業といえども、カウンセリングで扱う問題はクライエント様ご自身の問題です。カウンセラーはクライエント様と対等な姿勢でその問題に介入しますが、クライエント様は「カウンセリングの主役は自分である」ということを常に忘れないようにすることが大切です。

 

 また、カウンセラーがカウンセリングの場において知り得たクライエント様の個人情報については、守秘義務を遵守します。

 

オリエンテーション

 問題解決へ向けての話し合いや心理療法の導入を開始する前に、オリエンテーションのセッションを設けることには大きな意味があります。このオリエンテーションでは、クライエント様に対面形式のカウンセリングの雰囲気を体験してもらいカウンセリングの場に慣れていただくという目的と、クライエント様とカウンセラーの信頼関係構築の目的があります。そしてクライエント様がこのオリエンテーションを通じてご自身の抱える問題を解決できると信じることができれば、それは良いオリエンテーションであったと言えます。良いオリエンテーションが行えれば、クライエント様はその後のカウンセリングにおいて主体的に取り組むことができるようになり、結果として良いカウンセリングを行うことができます。逆にクライエント様がカウンセラーに不信感を抱いたり、ご自身の問題を解決できるという自信を持つことができなかったりすれば、カウンセリングは上手くいくはずがありません。カウンセリング初期のセッションとしてオリエンテーションを設けることには、そういった理由があるのです。

 当カウンセリングサービスでは、オリエンテーションがそのカウンセリングを決定付けると言っても過言ではないほど、オリエンテーションを重要視し、出張カウンセリングとは別プランとしてオリエンテーションを行うためのセッションである「オリエンテーションプラン」を設けております。このように別プランとしてオリエンテーションのセッションを設けることにより、良いオリエンテーションを行えるまでこのプランを複数回利用していただくことが可能となります。

 より良いカウンセリングを行うために、オリエンテーションは欠かすことのできない大切なセッションとなるのです。