怠惰(怠け癖)による逃げ癖のカウンセリング

 怠惰による逃げ癖とは、「自分の好まない状況から逃げて楽な道を選ぶ」ことの習慣化された振る舞いをいいます。つまり、習慣化された怠惰による困難な状況からの回避行動です。

 

 怠惰による回避行動も不安による回避行動と同様に、基本的に辛い感情を経験することを避けるための防衛的行動であるといえます。つまり、怠惰による回避行動とは、心理的な要因による結果的な振る舞いであるということです。怠惰(怠け癖)による逃げ癖のカウンセリングでは、回避行動を生み出す思考や感情に着目して話し合い、逃げ癖の改善を目指していきます。

 

 怠惰による回避行動の例としては、職場で「この仕事は面倒くさいからやりたくない」と考え、その仕事を回避して別の仕事にとりかかるなどが挙げられます。これはつまり「好き嫌い」の選択による行動的結果と言えます。怠惰による回避行動は結果的に課題の先延ばしにつながることが多く、怠惰による回避行動と先延ばしには密接な関連性があります。

 

 そして怠惰による逃げ癖は、その回避行動につながる思考が自らの人生哲学となっていることが多くあります。代表的な例としては、「いつも快適であるべきだ」や「困難に立ち向かうことは苦痛であるから避けて通るべきだ」などです。

 

 怠惰な気持ちに従って逃げることが癖になっているということはつまり、自分の好きではないことであっても努力をし、真面目に取り組む」ということから逃げる方法をしっかりと習得しているということです。現実逃避をしてそのときは良い気分が得られたとしても、結果的に自らを苦しめる結果となることが多いでしょう。

人間はもともと怠惰な生き物です

 まず理解していただきたいことは、そもそも人間は過ちを犯しやすい生き物であるということ。よって怠惰に関しても、人間は「面倒くさいからやりたくない」などといった不健康な考えを持ち、その結果として「逃げる」ことを選んでしまうことがよくあるものなのです。

 

 「楽であるに越したことはない」が怠惰な考えだとは思いません。ただ、この考えがエスカレートして「いつも楽でなければ嫌だ」になると問題が起こるのです。人間は生得的に、自分の考えをエスカレートさせてしまう傾向があります。なので今、自分に怠け癖があると感じるからといって、必要以上に自己卑下したりしないでください。必要以上に自己嫌悪に陥ったりしないでください。繰り返しますが、人間はもともと怠惰な生き物なのです。

 

 もうひとつ大切なこと。それは、人間は怠惰な生き物ではありますが、幸運なことにそれを正す力を人間は持っているということ。つまり怠け癖に自分自身が抵抗することによって、怠け癖は自分自身の力で正すことができるということです。

 

 「怠け癖は治らない」、「逃げ癖は治らない」などと諦める必要はありません。「怠け癖を改善して逃げ癖を克服したい!」という強い気持ちがあれば、それを実現させることは決して不可能なことではないということを覚えておいてください。

抑うつによる意欲低下について

 うつ病等の心の病による意欲低下が怠惰の振る舞いを引き起こしていることがあります。例えば、長期間に渡って気分がひどく落ち込んでしまっていたり、さらにその気分の落ち込みの理由がはっきりと思い浮かばないときなどは、心の病を専門とするお医者様に相談されることをお勧めします。気分が改善されれば意欲低下も改善され、怠惰の振る舞いが解消されることもあります。

 

 なお、気分の落ち込みの原因が特定の出来事によって引き起こされたということがはっきりと認識できている場合には、カウンセリングでその出来事について丁寧に話し合うことで、気分の落ち込みを改善させ、意欲を高めていくことができると思います。

「逃げ癖を治したい!」

 困難な状況から逃げ、より楽な道を選択しても、結局のところそれは楽な道とはならないのが常です。「問題を回避することによって目先の安楽を手にすることができたけど、のちにその問題がより大きなものとなってしまい、手をつけることができないほど困難な状況に陥ってしまった」などは、その典型的な例です。

 

 「面倒くさいからやりたくない」のような怠惰を放っておくと、やがてそれは「絶対やりたくない」のような嫌悪となってしまいます。嫌悪感を抱くと回避したい気持ちはより一層強くなります。そうなる前に、面倒くさいにしても現実逃避するのではなく、正面から取り組んでいくことが最良の方法であることに納得することが大切です。

 

 しかし実際のところ、怠け癖があるがゆえ、それを頭で理解できていても目の前の現実に正面から取り組むもうとすると、「やる気が出ない!」「頑張れない!」と行動に移すことができないこともあるかと思います。

 

 その問題を話し合いを通じて解消していくのがカウンセリングです。カウンセリングは、怠惰(怠け癖)による逃げ癖のお悩みを抱える全てのクライエント様に対して常に同じ方策で取り組むものではありません。カウンセラーはクライエント様の抱えるお悩みに対して常に個別性を尊重し、クライエント様に最も適した改善方法を見つけるべくじっくりと話し合い、怠け癖を解消し、逃げることなく現実に正面から向き合えるよう導いていきます。

 

ストレスと回避グセの関連

逃げ癖の克服にカウンセリングの必要性を感じる場面

 クライエント様が「この逃げ癖は怠惰な気持ちが原因だ」とずっと信じていたことが、実はセッションで話し合ってみると怠惰が原因ではなかったなどということがよくあります。この原因をしっかりと見極めなければ逃げ癖を克服することはできません。とても大切なことです。

 

 例えば「私は怠惰な人間だからこれまでずっと職場で会食の幹事を上手いこと回避し続けてきたのだが、これからはそういったことも逃げずにやれるようになりたい」と訴えるクライエント様がいたとします。しかしセッションで話し合いをしてみると、実はこれは怠惰が原因の回避行動ではなく、「自分に幹事をやれる能力があるのか?」、「自分が幹事をやるだなんてとんでもないことだ!」、「恐ろしい!」などといった不安や恐怖が回避行動の原因だった、などということはよくあることです。

 

 逃げ癖の振る舞いは怠惰に見えてしまいがちです。その振る舞いの核心を見極めなければ、その振る舞いを改善するための具体的な取り組みを明確に定めることもできません。「面倒くさくてできない」ではなく、「怖くてできない」の回避行動もあるのです。

 

 怠惰の振る舞いは特に丁寧に観察する必要があります。「面倒くさい=怠惰」であるとは限らないのです。このあたりのことはカウンセリングの必要性を感じる部分だと言えると思います。カウンセリングではクライエント様とカウンセラーが一緒に、その逃げ癖について話し合い、丁寧に観察することができるのです。

逃げ癖につながる心の言葉を観察する

 例えば、課題に取り組もうとするときに「面倒くさい」の言葉が頭に浮かぶようでしたら、その「面倒くさい」を良く観察してみてください。一言で「面倒くさい」と言っても、「面倒くさい」にはいろいろな「面倒くさい」があります。「何がそんなに面倒くさいのか?」についてよく考えてみることです。「つまらない」は前提として、そこから先、少し奥まで観察してみてください。

 

〇課題の量が多いから?

 

〇課題が難しいと感じるから?

 

〇課題の完了までの見通しが持てていないから?

 

 「面倒くさい」の対象はいろいろです。その対象が明らかになると、漠然と「面倒くさい」と思いながら課題に取り組もうとするときとは少し違った気持ちで課題に向き合うことができている自分に気づくはずです。それは課題への取り組みを阻害する障壁に焦点を当てることができたということ。そうなればあとは単純に、具体的な対策を講じてその障壁を乗り切ることに集中することができます。

 

怠惰(怠け癖)による‘課題への取りかかりの困難’

怠惰な気持ちがあっても逃げずにやれるようにする

 課題を目の前にしたら「やらなきゃ!甘えちゃいけない!」などとあまりストイックに考えるのではなく、課題から逃げたがっている自分をまずは自分で認めてあげてはいかがでしょう?「やっぱりやりたくないよねぇ~」のように。そうすれば課題を目の前にして「やらなきゃいけないけどやりたくない!」の葛藤でその状況に不釣り合いな程の大きなストレスに襲われずに済むのかもしれません。

 

 この場面で一番大切なのは、「やりたくない」の気持ちをどうにかしようということではなく、「やりたくない」けどやれるようにすることです。「やりたくない」の気持ちを「やりたい」に変えようとすることではありません。「やりたくない」ものはやりたくないでいいのです。誰にだって嫌いなことはあります。それを否定する必要はありません。

 

 「やりたくないけどやる」ことに慣れることで、怠惰(怠け癖)による逃げ癖を克服することができます。そのためには個別性を尊重した上での工夫を凝らした取り組みが必要となります。簡単なことではないかもしれませんが、決して不可能なことなんかではありません。課題を目の前にしたときに「やる」「やらない」の選択肢の中から「やる」を選択できるようになるだけでいいのです。これはとても現実的な話で、運に左右されるようなことでもありません。「楽しいものではないけど、やれないこともないよ」と言えるようになれば、その逃げ癖は改善されたと言えるでしょう。

高い欲求不満耐性を身につけましょう

 困難な状況に対してそれが「自分の手に負えるもの」か「自分の手に負えないもの」かを識別することは大切です。「自分の手に負えるもの」であれば、それを軌道修正するべく前向きな姿勢で取り組むことができます。しかしそれが「自分の手に負えないもの」であった場合には、その困難な状況を耐えるほかに方法はありません。このような場合に必要なものは、高い欲求不満耐性です。

 

 回避をせずにそれに向き合い、じっと耐えること。高い欲求不満耐性は、困難な状況に対する適切な考え方・捉え方・受け取り方を身につけることによって手にすることができます。

怠惰(怠け癖)による逃げ癖のカウンセリングをご検討の方へ

 クライエント様とカウンセラーの願いはいつも同じです。「怠惰を改善し、逃げ癖を克服する」という願いです。それを実現させるために、まずはクライエント様が「自分にはやれる」ということを知ることが大切です。それはつまり、「自分にはやれる」ということを身をもって経験するということです。そのためにいくつかのトレーニングは避けては通れないものですが、辛抱強く実践を続けていくことによって変化は必ず起こります。そのトレーニングは決して自分を裏切ることはありません。

 

 こんなことを言うと「カウンセリングは厳しく、辛いもの」と想像してしまいそうですが、実際はそのような感じではありません。むしろクライエント様に明るい気持ちで取り組んでもらうことが改善への近道だと私は考えております。私はクライエント様にご自身の進化を実感していただくことが最も大切だと考えており、改善への取り組みについては個別性を尊重し、現実的で無理のない、取り組みやすい改善方法をクライエント様と共に模索していきます。

 

 セッションを重ねていく中でクライエント様が「前進している」ことを実感し、ご自身の進化の過程を楽しんでいただくことができれば一番良いと思います。そんな気持ちが、そのまま怠惰(怠け癖)による逃げ癖を克服するためのモチベーションにつながります。

 

 

 仕事や学業など、いろいろな場面で怠惰な振る舞いは起こってしまうと思います。「怠け癖」「逃げ癖」「サボリ癖」など、これらは「甘え」の一言で片づけられるものではありません。この振る舞いの原因はさまざまなものが考えられるのです。

 

完璧主義思考と失敗恐怖

 

 ご自身の怠惰(怠け癖)による逃げ癖で自己嫌悪に陥ってしまったり、まわりの人に迷惑をかけて罪悪感に苛まれてしまったりで、疲弊しきって無気力になってしまうこともあると思います。でもそんな状態がこの先もずっと続くだなんて誰にも言えませんよね。

 

意欲低下の改善と予防

 

 「怠け癖を治したい!」「逃げ癖を治したい!」という強い思いがあれば、その振る舞いを改善することができます。よろしければ私がそのお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

カウンセラープロフィール

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします

出張カウンセリング・オンラインカウンセリングからお選びいただけます

カウンセリングを受けることに不安を感じられる方は、こちらをご一読ください

 初回セッションはインテーク面接を行います。コースの選択は「インテーク面接(出張)」・「インテーク面接(オンライン)」からお選びください。また、お申込みをされた時点でお申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護に同意したものといたしますので、申し込みフォーム冒頭のお申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護をクリックしていただき、必ずご一読されてからのお申込みをお願いいたします。