「悩みに対してなにもできずにいる」というご相談

まずは状況を変えること

 「お悩みに対してなにもできない状況」を「お悩みに対して何らかの改善策を講じることができる状況」に変化させることが、まず最初に取り組むべきことです。八方塞がりな状況を打開すれば、具体的な対策によってお悩みの解消を目指していくことができます。

悩みに対する立ち止まり

 悩みを解決したいと考え行動しようとしても、自分がなにをすべきなのかがわからずに、ただただ立ち止まるしかない。「悩みに対する立ち止まり」の原因としては、以下の三つが挙げられます。

問題の複雑化

 いくつかの問題が絡み合って状況が複雑化してしまい、考えがまとまらず、頭の中で問題の整理ができなくなってしまいます。何から手をつけてよいものかわからなくなってしまい、結果としてお悩みに対してなにもできずにいてしまいます。

原因不明の悩み

 そもそもお悩みの原因が何なのかわからないため、お悩みに対する改善策を考えることができません。原因を特定できない漠然とした不安感などがこれに当たります。

心理的な問題

 怠惰や不安などの感情が、お悩みに直面することを阻害してしまい、結果的にお悩みに対してなにもできずにいてしまいます。

カウンセリングをおすすめします

 お悩みに対してなにもできずにいる状況は、とても辛いものです。特に「問題の複雑化」や「原因不明の悩み」がその原因となっている場合には、おひとりでそのお悩みを解消させるのはとても困難なものです。このような状況においては特に、カウンセラーと共に状況改善へ向けての取り組みを行うことは有効な手段であると考えます。カウンセラーと共にご自身の抱えるお悩みを細分化して見つめてみたり、困難な状況に対してカウンセラーと共に改善策を検討してみたりといった経験は、現在抱えているお悩みに対してのみならず、その後の人生においても有意義なものとなります。カウンセリングの目的とはそこにあるのです。

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします。