不安による回避行動に対するカウンセリング

 不安による回避行動は怠惰による回避行動と同様、主に不快な感情の経験を避けるための防衛的行動であると言えます。例えば、「職場で電話対応が苦手な人が電話がかかってくるなり別の仕事にとりかかる」、「接客が苦手な人がお客さんがお店に入ってくるなり用事もないのにストックルームに入り込む」、「好きな人に振られてしまうのが怖くて告白できない」などです。

 

 これを本人が「困難を回避する良い方法だ」と認識すれすれば、その回避行動を日常的にするようになるのかもしれません。状況によっては、この習慣が結果として先延ばし癖となって現れることもあります。また、職場へ出勤することができない、あるいは学校へ行くことができないなどの問題においても、その背景に不安が関わっていることがあったりします。

 

 回避行動の原因が不安であるのなら、その回避行動をやめるためにはその不安を克服する必要があります。こんなことを言うと大きな挑戦のように感じてしまうかもしれませんが、不安を完全に払拭することができなくても、不安を必要以上に強く感じないようになるだけでもその回避行動は大きく改善されるものです。

 

 不安による回避行動を克服するためにカウンセリングという選択肢があります。カウンセリングでは、その不安という感情をカウンセラーと共に深く観察し、不安を生み出す原因を特定します。そして、その原因について丁寧に話し合いを行うことによって不安を軽減させ、回避行動の改善につなげていきます。

不安による回避行動は不適切なものばかりではありません

 不安による回避行動が防衛的行動であることを前提として考えた場合に、例えば生命の危機に関わるような重大な局面においての回避行動については、それが適切な危険回避行動であると考える必要があります。これは不適切な回避行動とは言えませんし、改善すべき回避行動であるとも言えません。

 

 不安による回避行動の克服に取り組んでいく際には、その回避行動がご自身にとって適切なものか、不適切なものかを識別することはとても大切です。不安が生み出す回避行動の全てが問題視されるべきものだとは限らないのです。

不安による回避行動克服までのアプローチは様々です

 不安による回避行動を克服するためのカウンセリングアプローチはひとつではありません。クライエント様の置かれている状況や症状をしっかりと理解し、個別性を尊重してカウンセリングの方向性を定めます。

 

 例えば、不安そのものに焦点を当てることなくカウンセリングを進めていくこともあります。不安とはつまり、自らの予測によって自らが作り出すものですが、その予測を実際に起きた出来事として扱い(仮定の出来事)、その出来事に対して自らがどのように考え、どのように捉えるべきかということに焦点を当ててカウンセリングを進めていくこともあるのです。この進め方はつまり、ワーストケース対策を身につけるといったものですね。このような進め方でも結果的に不安の軽減を実現させることができます。

 

 もしカウンセリングで不安そのものを扱い、例えば「本当に全員があなたのことを嫌っているのですか?」などの話し合いによって自らの予測に対する事実確認をするなどの方法で不安の軽減に成功したとしても、もしその自らの予測である「全員が私を嫌っている」が事実であったとしたら、それまでのカウンセリングは何の役にも立たなくなります。これはあってはならないことです。

 

 ワーストケースとして考えられる「全員が私を嫌っている」に対して、その状況を乗り切る、あるいは生き抜く考え方や捉え方が事前に持てていれば、もしその出来事が実際に起こってしまったとしても冷静に対処することができるようになるのかもしれません。ワーストケースに対して適度な不安、あるいは懸念にとどめておくことができるようになれれば良いのです。適切な感情を持つことができれば適切な行動がとりやすくなるので、結果として回避行動は克服されるのです。

 

 カウンセリングで目指すところは「回避行動の克服」です。これはどのクライエント様にも共通して言えることですが、克服までのアプローチは回避行動に個別性があるがゆえに様々です。効果的で無理のない、現実的な改善方法を一緒に考えていきましょう。

建設的な不安対処法によって勇敢でありつつも「安心を作り出す」

 ご自身で状況を変化させ、軌道修正することによって、不安を解消させることができる場合もあります。例えば、「~ができるかどうか不安」に対して、何らかの具体的な対策により「~ができる」と自分が思える状況を作り出すことができれば、その不安を克服することができますよね。例えばこの場合、「練習をする」といったことも立派な不安対策となり得ます。「頭の中でリハーサルをする」などは良い練習法と言えるのではないでしょうか。良い結果を期待できる自分を作り出すということです。

 

 これは「回避する」という非建設的な不安対処法ではない、建設的な不安対処法と言えます。建設的で効果的な不安対処法を見つけておけば現実逃避をする必要もなくなります。ポイントは勇敢でありつつも「安心を作り出す」ということなのだと思います。

 

「逃げる」という選択肢について

 「回避をしない」建設的な不安対処法という点で矛盾した話になってしまいますが、「逃げる」という選択肢についても言及させていただきます。状況によっては「逃げる」という選択肢は有効な戦術となることもあると私は考えます。

 

 例えば職場や学校で自分を執拗に攻撃してくるような人がいたとして、そのような状況においては必ずしもその人を避けずに接しなければならないということではないと私は考えます。どうしてもその相手と密接に取り組んでいかなければならない状況であればその相手を避けることは難しくなりますが、避けることが可能な状況である場合にはその相手から「逃げる」という戦術を使うことは決して間違いではないと私は考えます。

 

 

 もしご自身がその状況に挑戦する価値を感じられるのであれば、回避せずに直面するべきです。ですが先々の人生を考えたときに「今は逃げる」という戦術によって、今よりも生きやすい健康的な道が見えているのであれば、それは正しい選択となるでしょうし、決してカッコ悪いものでもないと私は思います。このあたりのことは柔軟に考えていく必要があると思います。

どうして不安に感じてしまうのかよくわからない・・・

 「不安だから」という理由でそれを回避するのはわかっていても、「どうしてそれを不安に感じてしまうのか」については意外と自分ではわからなかったりするものです。その「不安だから」の理由が回避行動の直接的な原因だったりするので、その点についてはカウンセラーと一緒にその不安を観察することが役に立つと思います。

 

 回避行動を克服させるためには、その回避行動を引き起こす不安をご自身が深く理解する必要があります。カウンセラーとの話し合いの中で、それはクライエント様が「新たな気づき」として見つけることができるでしょう。

不安による回避行動のカウンセリングをご検討の方へ

 「不安による回避行動」は個別性があり、多種多様なものです。

 

 〇「人前に出るのが怖いから、できる限りそのような場面は避けるようにしている」

 

 〇「新しい環境に飛び込むのが怖くて行動に移せない」

 

 〇「失敗を恐れてしまいチャレンジできない」

 

 でも考えてみると、不安というものは少なからず誰もが持っているものですよね。もちろん私もいくつかの不安を抱えて生きております。でも私は今自分の持っている不安が不適切なものだとは感じておりません。それは、その不安が著しく回避行動を誘発していたりはしないからです。

 

 不安を抱えていながらも回避をせずにいられる人と、不安を抱えて回避をしてしまう人との違いは、ものごとに対する受け取り方の違いです。いつだってものごとに対する自分の思考が不安を育てるのです。例えば、完璧主義思考と失敗恐怖の関連が挙げられます。完璧主義思考の方は必要以上に失敗を恐れてしまう傾向があります。

 

 カウンセリングで継続的にご自身の不安についてカウンセラーと深く話し合っていく中で、自分自身をより良く知ることができます。それが結果的に不安による回避行動の克服につながるのです。自分の思考の癖を自分自身で理解することはとても大切です。

 

 もしカウンセリングを受けることに不安を感じてしまうようでしたら、まずはカウンセリングの雰囲気に慣れていただくためのオリエンテーションプランもご用意しておりますので、そちらからご利用いただくことをおすすめします。カウンセリングに対する不安は大きく軽減されると思います。

 

 不安によっていくつかの活動の機会を失っておられたクライエント様が、回避行動を克服することによって活動の幅を広げ、より豊かで彩りのある人生を送っていただけることを心より祈っております。どうぞお気軽にご相談ください。

 

カウンセラープロフィール

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします

カウンセリングのお申込みについて

 カウンセリングは完全予約制で行われます。

 

お申込み

初回面接実施日時の調整

初回面接実施日時の決定

初回面接の実施

 

※初回はインテーク面接を行います

 

※料金のお支払いは、出張カウンセリングは面接当日の現金払い、オンラインカウンセリングは前払い制の銀行振り込みとなります

 

※オンラインカウンセリングはZoomを使用して行います

カウンセリングのお申込みをされる前に

 ご希望のカウンセリング形態を出張とオンラインからお選びください。出張カウンセリングは9,900円、オンラインカウンセリングは7,700円、セッション時間は共に90分です。なお、出張カウンセリングは出張場所により追加出張費が発生することがあります。各カウンセリング形態のシステムや料金等の詳細は「カウンセリング形態」ページからご確認の上、ご検討いただきますようお願いいたします。

 

※コロナウイルス感染症予防の観点から、特段の事情がない限り当面の間はオンラインでのお申込みをお願いしております。ご理解のほどよろしくお願いいたします

カウンセリングのお申込み

 申し込みフォーム冒頭の、お申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護をクリックしていただき、必ずご一読いただいてからのお申込みをお願いします。申し込みをされた時点で、お申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護に同意されたものといたします。

 

 また、初回はインテーク面接を行いますので、コース選択欄では出張をご希望の方は「インテーク面接(出張)」を、オンラインをご希望の方は「インテーク面接(オンライン)」を選択してください。