不安による回避行動に対するカウンセリング

 不安による回避行動は怠惰による回避行動と同様、基本的に苦しい感情を経験することを避けるための防衛的行動であると言えます。例えば、「職場で電話対応が苦手な人が電話がかかってくるなり別の仕事にとりかかる」、「接客が苦手な人がお客さんがお店にはいってくるなり用事もないのにストックルームに入り込む」、「振られてしまうのが怖くて告白できない」などです。

 

 これを本人が「困難を回避する良い方法だ」と認識すれすれば、その回避行動を日常的にするようになるのかもしれません。状況によっては、この習慣が先延ばし癖となって現れることもあります。

 

 また、職場へ出勤することができない、あるいは学校へ行くことができないなどの問題においても、その背景に不安が関わっていることがあったりします。

 

 

 回避行動の原因が不安であるのなら、その回避行動をやめるためにはその不安の克服が必要となります。こんなことを言うと大きな挑戦のように感じてしまうかもしれませんが、不安を完全に払拭することができなくても、不安を必要以上に強く感じないようになるだけでもその回避行動は大きく改善されるものです。

 

 

 不安による回避行動を克服するためにカウンセリングという選択肢があります。不安による回避行動に対するカウンセリングでは、感情に焦点を当てた話し合いを行っていくのが基本となります。なぜなら、その回避行動は不安という感情が生み出す行動的結果であると考えるからです。

適切な回避行動と不適切な回避行動を見極める

 回避行動が防衛的行動であることを前提として考えた場合に、例えば生命の危機に関わるような重大な局面においての回避行動については、それが適切な危険回避としての防衛的行動であると考える必要があります。

 

 回避行動の克服に取り組んでいく際に、その回避行動がご自身にとって適切なものか、不適切なものかを見極めることはとても大切です。回避行動の全てが問題視されるべきものだとは限らないのです。

回避行動克服までのアプローチは様々です

 不安による回避行動を克服するためのカウンセリングの進め方はひとつではありません。クライエント様の主訴をお聴きし、その状況や症状をしっかりと理解した上で、個別性を尊重してカウンセリングの方向性を定めます。

 

 例えば、不安そのものに焦点を当てることなくカウンセリングを進めていくこともあります。不安とはつまり、自らの予測に対して自らが作り出すものですが、その予測を実際に起きた出来事として扱い(仮定の出来事)、その出来事に対して自らがどのように考え、どのように捉えるべきかということに焦点を当ててカウンセリングを進めていくこともあるのです。この進め方はつまり、ワーストケース対策を身につけるといったものですね。このような進め方でも結果的に不安の軽減を実現させることができます。

 

 もしカウンセリングで不安そのものを扱い、自らの予測に対する事実確認をするなどの方法により(例えば「本当に全員があなたのことを嫌っているのですか?」などの話し合い)不安を軽減させることに成功したとしても、実際にその自らの予測が本当に起こってしまったとしたら、それまでのカウンセリングは何の役にも立たなくなります。これはあってはならないことですね。

 

 その仮定の出来事に対して適切な考え方、捉え方が出来れば、もしその仮定の出来事が実際に起こってしまったとしても適切に対処することができるようになります。つまりその仮定の出来事に対しては、その状況に相応しい適度な不安に留めておくことができるようになるのです。適切な感情を持つことができれば適切な行動がとりやすくなるので、結果として回避行動は克服されるのです。

 

 

 カウンセリングで目指すところは「回避行動の克服」です。これはどのクライエント様にも共通して言えることですが、克服までのアプローチは様々です。効果的で無理のない進め方を一緒に考えていきましょう。

建設的な不安対処法を見つけ「安心を作り出す」

 ご自身が状況を変化させ、コントロールすることによって、不安を解消させることができる場合もあります。例えば、「~ができるかどうか不安」に対して、何らかの具体的な対策により「~ができる」と思える状況を作り出すことができれば、その不安を克服することができますよね。このように考えると、「練習をする」といったことも立派な不安対策と言えるでしょうね。もちろん、頭の中でリハーサルをするということも練習のひとつです。

 

 これは「回避する」という不安対処法ではない、建設的な不安対処法の実践と言えます。適切で効果的な対処法を見つけておけば現実逃避をする必要もなくなります。ポイントは「安心を作り出す」ということです。

どうして不安に感じてしまうのかよくわからない・・・

 「不安だから」という理由でそれを回避するのはわかっていても、「どうしてそれを不安に感じてしまうのか」については意外と自分ではわからなかったりするものです。

 

 その「不安だから」の理由が回避行動の根本的な原因だったりするので、その点についてはカウンセリングが役に立つと思います。クライエント様とカウンセラーがその不安について深く話し合い、一緒に観察することができるからです。

 

 回避行動を克服させるためには、その回避行動を引き起こす不安を深く理解する必要があります。カウンセラーとの話し合いの中で、それはクライエント様が「気づき」として見つけることができるでしょう。

カウンセラーからお伝えしたいこと

 「不安による回避行動」と言っても、そのかたちは様々なものがあります。

 

 〇「人前に出るのが怖いから、できる限りそのような場面は避けるようにしている」

 

 〇「新しい環境に飛び込むのが怖くて行動に移せない」

 

 〇「失敗を恐れてしまいチャレンジできない」

 完璧主義思考と失敗恐怖

 

 でも考えてみると、不安というものは少なからず誰もが持っているものですよね。もちろん私もいくつかの不安を抱えて生きております。でも私は自分の持っている不安が不健康なものだとは感じておりません。それは、その不安が著しく回避行動を誘発しているとは思わないからです。

 

 不安を抱えていながらも回避をせずにいられる人と、不安を抱えて回避をしてしまう人との違いは、不安の対象となるものごとに対する受け取り方の違いです。いつだってものごとに対する自分の思考が不安を育てるのです。

 

 

 カウンセリングのような継続的に不安について深く話し合うための場を持つということは、不安による回避行動の克服の役に立つものです。

 

 もしカウンセリングを受けることに不安を感じてしまうようでしたら、まずはカウンセリングの雰囲気に慣れていただくためのオリエンテーションプランもご用意しておりますので、そちらからご利用いただいてもよろしいかと思います。

 

 

 回避をすることでいくつかの活動の機会を制限されておられるクライエント様が、回避行動を克服することによって活動の幅を広げ、より豊かで彩りのある人生を送っていただけることを心より祈っております。お気軽にご相談ください。

 

カウンセラープロフィール

※精神科・心療内科へ通院されている方は、必ずカウンセリングを受けることに対して医師の承諾を得てからお申込みをされますようお願いします

出張・オンラインからお選びください

 申し込みフォーム冒頭の、お申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護をクリックしていただき、必ずご一読いただいてからのお申込みをお願いします。申し込みをされた時点で、お申込みのコースに該当する注意事項および個人情報の保護に同意されたものといたします。

 

 また、初回はインテーク面接を行いますので、コース選択欄では出張をご希望の方は「インテーク面接(出張)」を、オンラインをご希望の方は「インテーク面接(オンライン)」を選択してください。