怠惰(怠け癖)による‘課題への取りかかりの困難’についてのお悩み

 怠惰による先延ばしについてのお悩みで、まず最初に話し合いの焦点となるのは‘課題への取りかかりの困難’であることが多いです。つまり「やらなければいけないのは百も承知なんだけど、どうしても手を付けることができない」というものです。

 ここでは技術的な問題(課題を完了させる方法がわからないなど)による‘課題への取りかかりの困難’ではなく、怠惰(怠け癖)による‘課題への取りかかりの困難’についてのお話をさせていただきます。

取りかかれなければ何も始まらない

 ‘課題への取りかかりの困難’は「課題にとりかかったあと作業に集中できず、うまくその作業を続けることができない」などとは違い、課題に取りかかることができないので何も始まらないという点で辛い状況です。まずは取りかからなければ課題の完了へ向けて歩き出すことができないので、このような状況に陥ってしまっておられる方のカウンセリングでは、「課題に取りかかれるようにすること」がまず最初の基本目標となります。そしてその目標達成を妨げる原因(怠惰)について、話し合いを通じて深く観察していきます。その振る舞いは怠惰に見えても、実際は見た目のそれとは少し違ったものである可能性もあるからです。

 これは感情問題なので、カウンセリングでは感情面、課題への取り組みに対する考え方についての話し合いが主となります。

「課題に取りかかれない」は結果的な行動であることを理解する

 課題を目の前にして、課題に取りかかることができない。この状況で、ついつい人は‘課題に取りかかることができない’という現象にばかり目が向いてしまいます。その現象にばかり目を向けていては、その現象に対する有効な解決策というものはなかなか見つけることはできないでしょう。「なんとかして課題に取りかかれるようにしなければ」「課題に取りかかればいいだけなのに、一体私はどうしてしまったのだ」などの考えで頭が一杯になってしまうのです。

 課題を目の前にして、課題に取りかかることができない。これはこの文章だけでその現象がどのようなものであるかの説明がつく出来事のように感じられますが、実際はそうではありません。課題を目の前にしたときに、人はその課題に対してなにかを考えているはずです。例えば「面倒臭いなぁ」とか「全然面白くない」とか「この作業量は相当なものだ!」とか、なにかしらその課題に対して考えているのです。その考えは次に何を生み出すかといいますと、不適切なネガティブ感情です。怠惰(怠け癖)が原因であるのなら、それは強い欲求不満を示す感情であるはずです。次にこの感情は何を生み出すかといいますと、その不適切なネガティブ感情に応じた不適切行動です。

 

 課題を目の前にして → 面倒臭いと思い → 強い欲求不満を感じ → 課題に取りかかることができない

 

 この図式が成り立つのです。つまりこれを見ると「課題に取りかかることができない」は、あくまで課題に対する自らの考えが生み出した不適切なネガティブ感情から派生する結果的な行動であるということがわかると思います。「課題を目の前にして」と「課題に取りかかることができない」はダイレクトにつながっているわけではありません。結果的な行動を改善させるためには、課題に対する考え方・捉え方、そしてそこから生み出された不適切なネガティブ感情に着目し、それらを適切なものへと変容させる必要があるのです。

課題に対する考え方・捉え方を変容し、そこから生み出される感情を適切なものへ

 課題に対する取りかかりの困難がどうして起こるのか?そのメカニズムはご理解いただけたかと思います。次に課題に対する考え方とそれが生み出す感情の変容をどうすればよいかです。「課題に取りかかることができない」という行動は、感情から派生する結果的な行動です。そして感情は課題に対する考え方・捉え方が生み出すものです。例えば強い欲求不満な感情をを適度に欲求不満な感情に変えることができたら、「課題に取りかかることができない」という行動は少し違ったものになると思いませんか?もしかすると、面倒臭いとは思いつつも、「どうしても課題に取りかかることができない!」という状況からは脱することができるのかもしれません。

 そうです。感情がその場に応じた適切なものであれば、結果的に適切な行動がとりやすくなるものなのです。

 

 適切な感情を持てるようにするためには、課題に対する考え方・捉え方を適切なものとする必要があります。適切な考え方・捉え方ができなければ、適切な感情を持つことができません。よって、適切な行動がとれるようにするためには、まず最初にこの課題に対する考え方・捉え方を適切なものへと変容させる必要があるのです。

習慣化してしまった‘課題への取りかかりの困難’

 

課題へ取りかかることがなかなかできずに、結果として課題の先延ばしをしてしまった

課題ができなかった自分に対して強い自己嫌悪や強い焦燥感を抱いた(猛烈に悪い気分になった)

「猛烈に悪い気分なので、良い気分になりたい」と思った

そんなとき新たな課題が目の前に現れた

「今度は先延ばしすることのないよう、なにがなんでも課題に取り組まなくてはならない」と思った

課題に取りかかることに対して大きなプレッシャーや強い恐怖を感じた(極度の不快感)

「課題は絶対にやらなければいけないものだ」とわかってはいるが、極度の不快感(それに加え、課題はそもそも不快なもの)に耐えることができずに、課題に取りかからないで課題とは別のことをすることにした(そのとき自分が良い気分になることをすることにした)

結果的に課題の先延ばしをしてしまった

課題ができなかった自分に対して強い自己嫌悪や強い焦燥感を抱いた(猛烈に悪い気分になった)

「猛烈に悪い気分なので、良い気分になりたい」と思った

そんなとき新たな課題が目の前に現れた

「今度は先延ばしすることのないよう、なにがなんでも課題に取り組まなくてはならない」と思った

課題に取りかかることに対して大きなプレッシャーや強い恐怖を感じた(極度の不快感)

「課題は絶対にやらなければいけないものだ」とわかってはいるが、極度の不快感(それに加え、課題はそもそも不快なもの)に耐えることができずに、課題に取りかからないで課題とは別のことをすることにした(そのとき自分が良い気分になることをすることにした)

結果的に課題の先延ばしをしてしまった

課題ができなかった自分に対して強い自己嫌悪や強い焦燥感を抱いた(猛烈に悪い気分になった)

 

 

 課題に取りかかることのできなかった自分を強く責めてしまうことがあります。強い自己嫌悪や罪悪感などを抱き、猛烈に落ち込んでいるときに新たな課題が目の前に現れたとしましょう。そんなときに高いモチベーションを持ってその課題に臨むなどということは誰にとっても簡単なことではありません。結果的に先延ばしをしてしまった自分に対して強い自己嫌悪や罪悪感などを抱いてしまった場合に、上記のようなサイクルが生じることがあります。人は悪い気分のときには、良い気分になりたくなるものです。そんなとき人は良い気分になるものを選んで行動してしまうものなのです。猛烈に悪い気分でいるときにたまたま新たな課題が現れて、たまたま悪い気分に耐えることができずに良い気分になりたいと思ったときに、「課題に取りかからずにほかのことをする」という選択肢が目の前にあるのです。これは猛烈に不快な状況から自分を守るための防衛的な行動であるとも言えるのです。そんなときは自分がその課題に取りかからないことによる結果がどれほど辛いものであるかを予測している余裕もなく、ただ今この猛烈に悪い気分をなんとかしたい、安らぎの気持ちを得たいという思いで一杯になってしまうことだってあるでしょう。

 「やらないと大変なことになってしまうのに、どうしても課題に取りかかれない」などの経験を繰り返している場合には、このような視点からその習慣化した不適切な行動(自分を苦しめる結果となる行動)を観察してみる方法もあります。

 大切なのは自らの失敗(課題に取りかかれなかったこと)を受け入れること。必要以上に自分を責めることなく、必要以上に気持ちを惑乱させることなく、そんな失敗をしてしまった自分をただ受け入れるのです。失敗は誰もがするものですし、過去の出来事を変えることもできないのです。

 大切なのは、今ここから自分がどうあるべきかです。目の前に新たな課題が現れたときに自分が、「課題に取りかかる」のか、それとも「課題に取りかからずにほかのことをする」のか。即物的な快楽を求めると痛い目にあうことはもうわかっているはずです。もう少しだけ先を見据えた考え方ができるようになるだけで変わることができます。あとで自分を苦しめることのない、結果的に自分を幸せにする行動を選択すれば良いのです。

心理的問題の解決を環境調整でアシストする

 例えば「自宅は常に自分にとっての快適空間であるべきだ」と信じる人が、自分が不快に感じるような課題を自宅に持ち帰って取り組もうとしても上手くいかないことがあります。それは自宅が快適空間でなければならず、自宅が不快な思いをして課題に取り組もうという気持ちになりにくい環境であるからです。ここでいう環境調整とは、課題にとりかかりやすい環境とはどのようなものかを考え、その環境を無理のない程度に作り上げることです。この環境調整は怠惰による‘課題への取りかかりの困難’に対する主となる解決策とはなりませんが、根本的な原因となる心理的な問題を解決するための補助的手段とはなり得るのです。

カウンセリングでお悩みの解決方法を習得する

 当カウンセリングサービスにおける、怠惰による‘課題への取りかかりの困難’の解消法に関する基本的な考え方は上述の通りです。カウンセリングではこれらの事柄について丁寧に話し合い、クライエント様とカウンセラーの協働により、お悩みの解消を目指します。

 最大のカウンセリングの目的は、お悩みの解消方法をクライエント様に学んでいただくことにあります。その解消法を習得していただけば、ご自身でお悩みの解消に取り組むことができるようになります。つまりご自身でご自身のカウンセリングをすることができるようになるということです。

 しかし実際のところ、手ほどきを受けずにこの手法を習得することは難しいです。カウンセリングとは、そのとき抱えておられるお悩みを解消させる場というだけではなく、それを解消させる手法を習得する場でもあると考えております。カウンセリングの意義とはそこにあると思うからです。

 お困りの方はお気軽にご相談ください。