やる気がないときでも最初の一歩を踏み出すこと

 簡単に言ったら、「何も考えずに行動してみる」ということです。例えば、勉強する気になれないときには、とりあえず机に座ってみる。あるいは、洗濯するのが面倒くさいと感じてしまったときには、とりあえず洗濯機の前に立ってみるとか。

 思考は行動に影響を与えます。つまり、考え方によっては行動に移すという影響だけではなく、行動に移すというその行為を止めるというような影響も与えるわけです。そのため人は考えすぎると、「面倒くさい」とか「煩わしい」などといった先延ばしの振る舞いに直結してしまう気持ちが芽生えてきてしまうことがあるのです。状況によってではありますが、このように「考えすぎない」ということも、対処法としてはありかなと私は思います。

 

 次に「作業興奮」という言葉をご存知でしょうか?作業興奮とは、作業を始めてから10~15分ほど経過すると、気分が乗ってくるという現象をいいます。みなさんも何度かそのような経験をされたことがあるのではないでしょうか?

 

 私としては、なにかやるべき事柄に対してやる気が起こらなかったりしたときに、「何も考えずに行動してみる」から「作業興奮」へ繋げるといった一連の流れは、対処法としては王道なのではないかと思います。

 

 ポイントは「とりあえず最初の一歩を踏み出すこと」であり、そのためには「考えすぎないこと」。まずはこれが大切です。そして「何も考えずに行動してみる」ことができたら、「作業興奮」へ繋げる。対処法としては王道だと思います。

 

 

先延ばしのカウンセリングはこちらから。