カテゴリ:先延ばし(PCN症候群)



「当たり前のことができない」にはそれなりの理由があるはずです。工夫を凝らすことでできることだってあるのです。
「やるべきことをやろうとしていた時間になったのに遊びから抜けられない」の改善の工夫についてのお話。
「〇〇時にやる」ではなく、「〇〇時までにやる」の工夫。
「やればできる」ことを「やらないからできない」にしていることってありませんか?
良い気分で一日をスタートするために、寝る前の気分にも目を向けてみましょう。
課題の取り組みに影響を及ぼす「重要度」と「緊急性」についてのお話。
課題に取り組みやすくするための工夫を考える際のポイントは「条件」と「評価」です。
休息や遊びの時間は特別で贅沢な時間であるべきです。
例えば仕事の休み癖はどうして起こるのでしょう?ストレスと解放感、そして欲求不満耐性と不適切な成功体験についてのお話です。
怠惰(怠け癖)による先延ばしの改善をするためには「自分の理想や目標を持つこと」、そしてそれを「自分は実現できる」と信じることが大切です。

さらに表示する