· 

習慣化した怠惰による先延ばし

先延ばしにはさまざまな原因が考えられます。それらの原因のうちのひとつとして、怠惰な気持ちがあります。この怠惰な気持ちによる先延ばしは習慣化してしまうことがあります。先延ばしが習慣化してしまっている場合には、その習慣を新しい習慣に置き換える必要があります。その新しい習慣とは、もちろん、先延ばしをしない習慣です。言葉で言うのは簡単ですが、習慣という人間の自然なままの性質に抵抗していくということは、確かに難しいことです。古い習慣を新しい習慣に置き換えることの難しさとは、ここにあるのです。

ですが結局のところ、先延ばしの習慣を正す方法はひとつしかないのだと思います。人が何かの目標を達成しようとするのであれば、単純に自己訓練を継続していくほかないのです。先延ばしをしない訓練です。それ以外の方法はないと思います。

これを実践して、先延ばしの習慣を先延ばしをしない習慣に置き換えることを成功させるためにはモチベーションが必要です。「なりたい自分になる」という強い気持ちです。自己訓練を続けていく中で、「そんな自分になれたら、自分はどんなことができてしまうのだろう」と希望に満ちた将来をイメージし続けることです。

無理な話ではありません。習慣化した先延ばしは克服できます。人は誰だって楽をしたがるものです。しかし幸運なことに、人はその気持ちに抵抗する力も持ち合わせているのです。ひとりでは難しいと感じたときには、カウンセラーがいます。カウンセラーはそのためにいるのです。

 

現在の行動が過去の影響を受けていると考えるのであれば、未来の行動は現在の影響を受けるのだと言えます。つまり、未来のために努力をすることによって、過去の習慣を新しい習慣へと置き換えることができるわけです。

 

大切なのは、現在を重視することです。

 

 

先延ばしのカウンセリングはこちら

 

怠惰による回避行動に対するカウンセリングはこちら