· 

紙に書き出してみる

 先延ばしの克服へ向け、行動計画を作成することはとても有効です。行動計画は課題の開始から完了に至るまでの間に、細分化された現実的に実行可能なタスクを組み込むことによって作り上げていきます。行動計画を作成することによって課題の完了に至るまでの見通しを持つことができるようになります。これには大きな意味があります。

しかし先延ばしでお悩みの方の中には、その行動計画を作成すること自体に困難を感じてしまう方もおられることでしょう。そのような方には、毎日その日のうちにやるべきことを紙に書き出してみることをおすすめします。その紙は毎日必ず目にするような場所(例えばテーブルや机など)に置くようにします。そしてその紙に書いた「やるべきこと」を完了するごとに、ひとつひとつ赤ペン等で消していくのです。どんな小さなことでもいいのです。とにかくその日のうちに自分がやろうとしていることを全て書き出してみてください。そしてその日のうちに、紙に書いた「やるべきこと」を全て赤ペンで消せるように頑張ってみるのです。それが出来たときの爽快感を是非一度味わってみてください。とてもシンプルな方法ではありますが、これを行うだけでも何らかの効果を感じることができるはずです。実際私も日頃、これはよくやっています。とにかく書いておけば忘れることはないですからね。

 これを行う際の注意点をお伝えしておきます。紙に書き出す「やるべきこと」は、必ず現実的に実行可能である事柄にしてください。例えば部屋の大掃除をすると決めた場合でも、部屋全体をその日のうちに全てやろうとするのではなく、その日は机の上だけにして、その次の日に本棚をやるとか。そのような感じで現実的に達成可能な無理のない「やるべきこと」にしてみてください。そして、一日の時間は限られています。ですので、その日のうちに達成可能な、時間的にも無理のない「やるべきこと」を書き出すようにしてみてください。

 ポイントは「まずは無理のないように」です。小さな事柄でも消化していけば立ち止まらずに歩き続けることができます。是非一度、試してみてくださいね。

 

 

 アマリリスカウンセリングサービスのご案内はこちらから。