先延ばし解消のための「〇〇時までにやる」の工夫

 「〇〇時にやる」と決めて課題に取りかかるのが苦手という方は、「〇〇時までにやる」と決めて課題に取りかかるようにすることで、取りかかりの成功率を高められることがあります。これもひとつの工夫です。この工夫が課題に取りかかれるようにすることに対して効果的であると考えられる理由は主に二つあります。

ギリギリの状況における慣れ親しんだ考え方

 先延ばし気質の方は土壇場で課題を片付ける能力が高いがゆえ、ギリギリな状況にならないと課題に取り組まないということが多かったのではないかと思います。このときお持ちになっている考えはきっと「最悪〇〇時までに取りかかればなんとか間に合うだろう」といった感じのものだったのではないでしょうか?

 このような考え方に慣れ親しんでいるために、「〇〇時にやる」とバッチリ決められた時刻に課題に取り組むというやり方にはハードルを感じてしまうところもあるかと思います。一方で「〇〇時までにやる」の取り組み方だと、なんとなく強い抵抗感を抱かずに取り組めそうな気がしませんか?実際、「私は課題に取り組むときには今までずっとこの考え方だった」とおっしゃる方は多いです。課題に取り組む際の「いついつまでに」の考え方に慣れ親しんできたからなのでしょうね。

 課題への取りかかりの成功率を上げるために、その慣れ親しんだ考え方で取り組んだほうが楽に感じられるのであれば、その考え方で取り組んだほうが良いと思います。なるべく取りかかりやすい状況を作るべきです。必ずしも今までと違った新しい考え方を持って取り組まなければならないということではありません。まずはしかるべき適切な時期に課題に取り組むことに慣れることが優先されるべきだと考えるからです。ですから取りかかるべきタスクについても最初のうちは、「PCを立ち上げる」ですとか、「作業に必要な書類を机の上に用意する」などのような極めて簡単なものにしておくべきです。「とりあえず~」のような感じで。

 繰り返しますが、まずは「取りかかることに慣れること」が重要です。「PC立ち上げても、そのあとなにもできなそうだから上手くいかなそう」と考えるのはナンセンスです。そのあとのことはセカンドステップとして捉えておきましょう。

「何も考えずに取りかかる」の実践に役立つ

 課題に取りかかる日時設定は、ご自身の考える「本当にギリギリ」であってはなりません。課題に取りかかる日時を「本当のギリギリ」と考える日時で設定して「〇〇時までに」の考えで実践すれば、それは今まで通り普通に取り組めると思います。それでは今までの状況となにも変わりません。課題に取りかかる日時は、今までよりも早い時期に設定する必要があります。それはつまり「土壇場で無理をしなくてもいいような、適切な取りかかりの時期を設定する」ということです。

 ここが難しいところなのでしょうね。いつもより早い時期に設定された「〇〇時までに取りかかる」は、ご自身の感じている「ギリギリの時期」ではないからです。この点は気持ちの整理が必要でしょうね。いつもより早い時期に設定された取りかかりの日時に対して、ご自身が「本当にそのときまでにやらなくてはならないのだ」と信じる必要があります。

 そのときまでにやることの利益や、今までと同じように土壇場でやることの不利益などについて考えることにより、本当にそのときまでにやらなくてはいけないと信じることができれば、いつもより早い時期に設定された「〇〇時までに」はご自身にとってのギリギリの状況と感じられるようになるでしょうから、「問答無用で〇〇時までにやらなきゃいけないものなんだ」の考えが芽生えるようになり、取りかかる際に「面倒くさい」や「イヤだぁ」などの取りかかりの行動を阻害する不必要な考えを持つことなく、「何も考えずに取りかかる」の姿勢が持ちやすくなるのです。

補足

 「〇〇時までに」ということは、その時刻よりも前に取りかかっても良いということです。つまり前倒しの思考に従って行動しても良いという状況ということです。ここでお伝えした工夫は、ある程度時間的自由度のある状況を生み出し、厳格なスケジューリングにはならないともいえるのですが、好きではない課題への取りかかりが適切な時期に行えるようにするための有効なスケジューリング法であると私は考えます。この工夫はあくまで「嫌々ながらも取りかかる」ということに慣れることが目的です。「〇〇時にやる」が普通にできるようになればそれに越したことはないのですが、それは次のステップとして考えてもよいのではと私は思います。