· 

夜寝て朝起きることの大切さ

 「人間の身体は日中活動して夜寝るようにできている」なんて言葉、よく聞きますよね。私もその通りだと思います。夜寝れば日中スムーズに活動できますが、日中寝て夜活動するのは簡単なことではありません。しかし日中寝て夜活動することに慣れてしまうと、そんなことを忘れてしまいます。そして自分のパフォーマンスが低下していることに気づけなくなります。自分の意欲が低下していることにも気づけなくなります。これは良いことではありません。

 例えば気分の落ち込みや意欲の低下に関するご相談では、まず最初に私はクライエント様の就寝時間帯についてお尋ねするようにしています。夜型か昼型かを確認するためです。仕事の関係で夜型にならざるを得ない方もいらっしゃいますが、そのような場合であっても、可能であれば夜寝て日中活動する生活スタイルに戻していただくことをおすすめします。これまでのカウンセリングの経験から、そうするだけで気分の落ち込みや意欲の低下がある程度改善される場合があることを私は知っているからです。夜寝て朝起きるという習慣が心の健康に大きな役割を果たしているということなのでしょう。

 昼型の生活スタイルが定着されたとき、ご自身の中でいくつかの変化を感じることができると思います。例えば不思議と気分が良くなったり、頭の中がクリアな感じになったり、今まで気づけなかったことに気づけるようになったり。これはつまり覚醒してるってことなのだと思います。これがスゴイ状態ってことではなくて、これが本来あるべき普通の状態なのだと私は思うのです。

 気分が良くなれば、問題解決のためのアイデアを生み出す力が生まれますし、それに取り組むエネルギーも湧いてきます。夜寝て朝起きるということは本当に大切なことなのです。

 

アマリリスカウンセリングサービスのご案内