· 

完璧主義と失敗恐怖

完璧主義傾向の考え方をする人は、一度課題に取り組み始めたら一切の妥協をせず、自身の高い理想のもと完成度の高い仕事を成し遂げる可能性があります。それは自分自身がその課題に対して「やれる」という絶対的な自信を持っているからこそ、成せる業と言えるでしょう。

しかし一方で、この完璧主義は回避行動や先延ばしとも関連性があるということも覚えておいてほしいです。逆説的な考え方をすれば、自分自身がその課題に対して「やれる」という絶対的な自信を持つことができない限り、いつまでもその課題に取りかかることができない可能性もあると言えるのです。これが課題の完了を遅らせてしまったり、あるいは課題を回避するという状況にもつながってしまうことがあるのです。

このような状況における先延ばしや回避行動の原因は、主に失敗恐怖であると考えられます。自らに選択権がある課題に取り組むことができるような状況では何の心配もないです。しかし、自らに課題の選択権がなく、その課題をやるしかない上、更にその課題が自らの得意とするものでなかった場合に、この失敗恐怖が芽生えてしまう可能性が高まります。

このような場合の解決方法として「その課題に対する絶対的な自信を持てるようにすること」と考えてしまうのは良くありません。間違いだとは思いませんが、私は賛成しません。この考えを持ち始めると、失敗恐怖を更に育ててしまう危険性があると考えられるからです。

結局のところ、現実的な考え方を身につけることが一番の解決方法になるのだと私は考えております。その課題が自信の持てるものであろうがなかろうが、「絶対に失敗することなく、完璧にその課題を成し遂げる」などという考えは現実的でしょうか?「絶対に失敗しない」なんてことはあり得るのでしょうか?そもそも世の中に100%なんてものはあるのでしょうか?

大切なことは、「失敗する可能性があるということを認める」ということ。100%がないとして考えるのであれば、100%に近づける方法を考えれば良いのです。「100%に近づけば近づくだけ、成功の確率が高まる」と考えるのです。

失敗する可能性の余地を与えた考え方を持つことで、プレッシャーの緩和を期待することができます。それによって、先延ばしや回避行動の不適切行動の解消につなげることができるのです。

そもそも失敗がもたらすものとは、被害だけではないことも忘れてはなりません。失敗ばかりしてきた私が感じるところなのですが、失敗は多くの教訓を与えてくれます。そしてそれは、成功からでは決して得られない価値の高いものなのです。