· 

高い欲求不満耐性を身につける

人は生きていれば誰でも問題に直面するものです。そんなときにはまず、それがどんな問題であれ、、その問題が自分の手に負えるものであるのか、それとも負えないものであるのかを識別することが大切です。アメリカの神学者であるラインホルト・ニーバーは「人が人生で直面する問題は二種類しかない」と言いました。つまりその二種類とは、自分の手に負えるものとそうでないものということです。

それを識別した結果、難しい状況でも自分の力で何とかできそうだと思えれば、人は自分でその状況を軌道修正するべく取り組むのでしょう。一方で自分の力ではどうにもならないと思うのであれば、人はその状況を耐えるほかないのです。このような状況でで身につけるべきこととは、高い欲求不満耐性です。つまりそれは、自分の力ではどうにもならない難しい状況に対しての適切な受け止め方を身につけるということです。その状況を「耐えられる」ものにするか「耐えられない」ものにするかは、その状況に対する自分の受け止め方次第なのです。

高い欲求不満耐性を身につけること、つまり難しい状況に対する適切な受け止め方を身につけるということは、人生の目標であると言っても過言ではないのだと、私は思います。

 

 

怠惰による回避行動に対するカウンセリングはこちら