高い欲求不満耐性を身につける

 人生は問題の連続です。残念ながら平穏だけで人生を形成していくのは難しいようですね。これはみんな同じこと。ならば問題を乗り切る術を身につけるしかありませんね。アメリカの神学者であるラインホルト・ニーバーは言いました。「人が人生で直面する問題は二種類しかない」のだと。その二種類とは、自分の手に負えるものとそうでないもの。確かにそうですね。

 それを自分で識別した結果、難しい状況でも自分の力で何とかできそうだと思えれば、自分でその状況を軌道修正するべく取り組むことこそが最善策と言えるでしょうね。一方で自分の力ではどうにもならないと思うのであれば、単純にその状況を耐えるほかないということですね。

 人がこのような耐え抜くしかない状況で必要とされるのは、高い欲求不満耐性です。つまりそれは、自分の力ではどうにもならない難しい状況に対しての適切な受け止め方を身につけるということ。その状況を「耐えられる」ものにするか「耐えられない」ものにするかは、その状況に対する自分の受け止め方次第なのです。ものごとを適切に受け止める術を身につければ、多くの事柄に「耐えられる」ようになるのでしょうね。高い欲求不満耐性を身につけるって、そういうことです。

 衝動的に「もうダメだ!耐えられない!」となってしまう人は、そのセリフを頭の中で言っている自分に気づくことが始まりになると思います。そのセリフに気づいて、「まぁ待て。まぁ待て」と気持ちを落ち着ければ、その場に相応しい受け止め方がどんなものかを考えることができるのかもしれません。

 偉そうなことは言いません。私にだって「耐えられないもの」はいくつかあります。でもそれを「耐えられるもの」とすべく、努めている毎日です。もちろん「自分の手に負えそうなもの」についてのみですよ。

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリング

怠惰(怠け癖)による回避行動に対するカウンセリング