2種類の「できない」

 ~ができない。どうしたらいいんだろう。。。

こんなふうに感じて困ってしまったことはないでしょうか?もしこのような場合には、‘できない’の言葉に注目して考えてみることが役に立つかもしれません。

 

 例えば、「スキップができない」と「期待を裏切ることはできない」。この2つの‘できない’の持つ意味が、それぞれ違うということは何となくでもお気づきになれますよね。それではここからもう少し、この2つの‘できない’を観察してみましょう。

 

 まず「スキップができない」について。この「スキップができない」の‘できない’を別の言い方で表すとすれば、どのようなものがあるでしょう?

 この場合の‘できない’は‘~がうまくいかない’などと表現することもできますよね。つまりこの「スキップができない」における‘できない’は、技術不足による‘できない’であると言えるのです。

 この「スキップができない」を解決するための考え方としては、練習方法の工夫などが挙げられるでしょう。例外はあるにせよ、これは技術的な問題であり、技術の向上が「スキップができる」に結びつくのです。

 

 次に「期待を裏切ることはできない」について。同じようにこの「期待を裏切ることはできない」の‘できない’を別の言い方で考えてみます。この場合の‘できない’は‘~するのが嫌’などと表現することができます。つまり「期待を裏切ることはできない」における‘できない’は、自らの定めたルールによる拒否の‘できない’であると言えます。「期待を裏切るのは嫌だ」「期待を裏切るのは許せない」「期待を裏切ることなどあってはならない」などです。

 「期待を裏切ることはできない」という頑なな自分の考えが、自分自身に対して過度のプレッシャーを与えてしまい、自身の能力の発揮を阻害してしまうなど、ある場面で問題視すべきものとなってしまっている場合、それを解決するための方法として、‘できない’の中に‘してもいい’を程よく加えてみると良いと思います。具体的には、「期待を裏切ることはできない」と思う中に「しかし最善を尽くしても期待を裏切る結果となってしまう可能性だってあるだろう」という不本意ながらも期待を裏切ってしまうという可能性の余地を与えてあげることです。自分自身がそのような現実的で柔軟な考え方を選択することによって問題解決への糸口を見出すことができるかもしれません。

 また、怠惰な考えに基づく拒否の‘できない’についても同じように、現実的で柔軟な考えを選択するよう努めてください。例えば「あれは面倒くさいだろうから絶対できない」の考えを、「あれは面倒くさいだろうからできればやりたくないけど、絶対にできないというほどでもない」などのように。

 

 このように‘できない’には2種類の‘できない’があります。技術不足の‘できない’と、拒否の‘できない’の2つです。前述の通り、それらの‘できない’が問題視されるべきものである場合に、それらの解決方法はそれぞれ異なります。もしこの‘できない’絡みのお悩みを抱えてしまった際には、まずご自身の‘できない’がこの2つの‘できない’のうちのどちらに当てはまるのかについて観察し、理解することがまずは大切なのだと思います。

 

関連記事 「やればできること」はやったほうがいいです

 

 先延ばし(PCN症候群)のカウンセリング

怠惰(怠け癖)による回避行動に対するカウンセリング