· 

怠惰による先延ばしについて

これは基本的に、快適さへの固執であると私は考えております。その結果として、何かをやりとげるための長期的な努力(不快)に対して強く抵抗をし、それをするということを選択せずに、目先の快楽を手にしようとするため先延ばしが起こるのだと考えます。そしてほとんどの場合、これは自らの生き方に対する考え方として確立されているため、先延ばしが習慣化されていることが多いと考えられます。

例外として快適さへの固執があっても、やるべき課題が自分の好みであったり、楽しいと感じられるようなものである場合には、その課題に没頭できることもあります。それはそのやるべき課題が自分の好みであるがゆえ、不快を感ることがない状態であるからです。つまりこれは、そのやるべき課題に対する努力に精神的苦痛を感じることのない状態であるといえます。

先延ばしの克服に向けてこれを利用する方法も考えられなくもないのですが、この場合、やるべき課題が自分の好みでないときには全く適用できませんし、たとえそのやるべき課題が自分の好みであったとしても、それに取り組んでいく中で大抵の場合は、自分の好きではないこともやらなければいけないという場面に遭遇するものですから、良い手法であるとはいえません。

結局のところ、怠惰による先延ばしについては、欲求不満耐性を高めることが最も効果的であると私は考えます。「面倒くさい」や「つまらない」などの気持ちから先延ばしをしてしまうことがあれば、まずはご自身が快適さを必要以上に欲していたりしないかチェックしてみることです。

実際は余程のことがない限り、「面倒くさい」や「つまらない」ことに対して耐えられないことも、我慢できないことも、そうそうあるものではないということに気づくことが始まりになるのだと、私は思います。

 

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリングはこちら

 

怠惰による回避行動に対するカウンセリングはこちら