· 

誤まった認識による成功体験

先延ばしや回避行動の克服へ向け、課題を成し遂げるという成功体験を積み重ねていくことはとても大切です。しかし課題に取り組むことを避けて、その場をしのぐことを成功体験と認識してしまうのは誤りです。先延ばしや回避行動の習慣化は、そういった誤まった認識による成功体験の積み重ねによる結果であることもあります。

その成功体験がどうして誤まった認識によるものであると言えるのか?それはその成功体験であると誤まって認識している先延ばしや回避行動の結果が教えてくれます。先延ばしや回避行動を続ければ続けただけ、本人にとって困難と思えるその課題は、より一層困難な課題へと成長していることでしょう。先延ばしや回避行動を続けていけば、その状況は深刻さを増す一方なのです。

成功体験とは、自分が「それをやる」と決めて、それに真面目に取り組み、それを成し遂げたときにのみ使える言葉です。課題を避けることなく真面目に取り組むことで得られるものは大きいです。「なんだ、そんなに大したことではないじゃないか」とか、「やればなんとかできてしまうものなんだ」とか、実際に今まで避け続けてきた課題に取り組んでみることで発見できるものは多いです。そしてその発見の積み重ねが自らの自信を形成していくのだと私は思います。

 

怠惰による回避行動に対するカウンセリングはこちら