誤まった認識による成功体験

 先延ばし癖や逃げ癖の克服へ向け、課題を成し遂げるという成功体験を積み重ねていくことはとても大切です。この成功体験は自分に大きな自信を与えてくれるので、自己肯定感を育ててくれることでしょう。

 

 一方で、課題に取り組むことから逃げることで、その場を上手くやり過ごしたことを成功体験と認識してしまうのはよくありません。先延ばしや回避行動の習慣化は、そういった誤まった認識による成功体験の積み重ねによる結果であるとも言えます。

 

 その成功体験がどうして誤まった認識であると言えるのか?それはその成功体験であると誤まって認識している先延ばし行動や回避行動の結果が教えてくれます。先延ばし行動や回避行動は続ければ続けただけ、困難と思えるその課題をより一層困難と思えるような課題へと成長させてしまいます。結果として状況をより深刻なものとしてしまうのですね。これは不健全であると言わざるを得ませんね。それゆえ誤った認識による成功体験と言えるのです。

 

 成功体験とは、自分が「それをやる」と決めて、それに正面から取り組み、それを成し遂げたときに使える言葉です。課題を避けることなく取り組むことで得られるものは大きいです。「なんだ、そんなに大したことではないじゃないか」とか、「やればなんとかできてしまうものなんだ」とか、実際に今まで避け続けてきた課題に取り組んでみることで発見できることも多いと思います。それら健康的な発見の積み重ねが、自らの自信を形成してくれるのです。更に、この経験が課題に正面から取り組むことの練習となるので、この練習を継続していくことでその取り組みに慣れていくこともできます。それに慣れてしまえば、それはもはや大したことではなくなってしまうのです。