課題に取り組みやすくするための工夫

 「やらなければいけないと思っているのに取りかかることができない」。これは先延ばし癖の典型的な症状です。

でもこのような症状の方の中には「やらなければいけないことに、ちゃんと取りかかれることもあるんだよなぁ」なんて思う方もいらっしゃるはずです。このような方の場合、全てのことがやれないわけではないのです。ちゃんとやれることもあるのです。「やれること」と「やれないこと」、その違いは何なのでしょう?そんなことについて考えてみることは、先延ばし癖を改善させるための工夫を考える上でとても大切なことです。

 それを考える際のポイントをふたつお伝えします。

「やれるとき」と「やれないとき」の条件を知る

 「やれるとき」と「やれないとき」で、それぞれ何らかの条件があるはずです。例えば「やれるとき」には「それを楽しいと感じること」という条件が必要であったり、一方で「やれないとき」には「それに全く興味がないこと」という条件があったりします。このような条件を「やれるとき」と「やれないとき」のそれぞれについて考え、いくつか挙げてみてください。自分を知ることができる良い機会です。自分の行動を改善させるために、自分のことを良く知るということはとても大切です。

自分の評価がどうであるか

 そのやるべきことについて自分がどう考えているか?例えば、そのやるべきことを「自分にとってあまり意味のないもの」と考えているのであれば、それに取り組むということに価値を見出すことができなくなるでしょうから、意欲は高まりづらいでしょう。このような場合にはそもそも「本当にこれはやるべきことなのか?」ということを改めて考えてみる必要もあるのかもしれませんね。

 また、「最低限」はできるけど、「最低限以上」ができないなどと訴える方もいらっしゃるのではないでしょうか?これも自分の評価が基準となっているものですよね。例えば、「学校の授業は受けることができるけど、宿題をやることができない」、あるいは「学校の宿題はできるけど、予習復習ができない」など。

 これはそのやるべきことについて自分がどう評価しているか、つまり自分にとっての重要度がどうであるかを考えるということです。当然、自分にとって重要度の低いことに対しては取り組む意欲も湧きづらいです。では、取り組む意欲を高めるためにはどうしたら良いか?それを考えることが、課題に取り組みやすくするための工夫を考えるということなのです。

 条件と評価。課題に取り組みやすくするための工夫を考える際のポイントです。特に評価については、現状に対する評価についても目を向けてみることが必要です。例えば、「今なんとかなっちゃってる」、「とりあえずこれで今問題は起こっていない」などの評価を下しているのであれば、その評価持つことによって訪れる未来を予測してみると良いでしょう。そうすることによって、現状に対する評価が変わり、その課題に対する重要度も変化してくるのかもしれませんね。重要度が高まることによって、結果として取り組む意欲が自然と高まればいうことありません。

 取り組みやすくするための工夫は、物理的な工夫と心理的な工夫があるということを覚えておいてくださいね。

 

先延ばしのカウンセリング