「やればできる」ことはやったほうがいいです

 人は「やればできる」ことを「やらないからできない」にしてしまうことがあります。もしそれが「やらなければいけないこと」と感じられて、「やればできる」ことであるとすれば、それはなるべくならやったほうがいいです。やればできるのに「やらないからできない」にしてしまうことを習慣化させないためにです。これを続けていると人はやがて自己不全感を抱きはじめて(「こんなこともできないのか」など)、自信を失い、自らを無気力にしてしまうことがあります(この無気力は怠惰な振る舞いとして現れます)。

 これが習慣化してしまった場合、それを断ち切るためには「やればできることはやる」ようにすることが必要です。その実践だけが怠惰な振る舞いを改善させるための唯一の方法だと思っていただいて結構です。これを実践することは高いハードルと感じてしまうかもしれませんが、この実践は幸いにして決して自分を裏切ることのない特効薬となるでしょう。実践する価値があるということです。

 「やればできることはやる」を実践してみることで、「思っていたほど辛いものではなかったじゃないか」とか、「やればできることなんだから、やっぱりやればできるんだよなぁ」などの新鮮な気づきを得ることができるかもしれません。それらの気づきは「やればできることはやる」の実践を習慣化させる力になってくれるはずです。

 

 なお、「やらないからできない」は「やらない」という自分の意思決定によって起こる「できない」です。つまり「拒否のできない」です。これは思考の癖を修正することによって改善が見込めます。一方で「やればできることはやる」の経験が不足している、つまり「やればできることはやる」の練習不足によって「できない」と考えれば、これは「技術不足のできない」となります。この場合は、練習を積み重ねることによってその技術を獲得することで改善が見込めます。

 つまりは、これらふたつの「拒否のできない」と「技術不足のできない」の両側面を意識して取り組む必要があるということです。この2種類の「できない」については過去に書かせていただいておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

関連記事 2種類の「できない」

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリング

怠惰(怠け癖)による回避行動に対するカウンセリング