· 

好きなことに熱中して怠け癖を解消する

怠け癖を治すために一番必要なものは、「怠け癖を正すのだ」という本人の強い気持ちです。この気持ちが芽生えなければ何も始まりません。そしてこの気持ちを更に持続していく必要もあるのです。この気持ちが途中で弱くなってしまえば、せっかく動き始めたものも振り出しに戻ってしまいます。慣れ親しんだ自分の習慣(怠け癖)を新しい習慣(怠けることをしない習慣)に置き換えるということは本当に難しいことで、自分自身の強い決意なしでは不可能といっても過言ではないほどです。残念ながらそれが現実というものです。

何が難しいかって、それはこのような気持ちを持てるようになるにはどうしたら良いかということであり、更にこのような気持ちを持続していくにはどうしたら良いかということにあるのだと思います。

理想的なのは、自然にこのような気持ちが持てるようになり、更にそれを持続していくこともできるようになることなのではないでしょうか。自然に、あるいは結果的にそのような状態に自分自身がなれたら良いですね。ちょっとした工夫をすればそれが可能になるかもしれません。

その工夫のひとつとして、自分の好きなことに熱中するということが挙げられます。それが長い期間持続可能である場合には怠け癖の克服に役立つ可能性があります。自分の好きなことに関しては、怠け癖とは無縁であるはずです。毎日飽きるまで続けることができるでしょう。しかしその好きなことを毎日長い期間続けていくためには、自分が好きではないことだってやらなくてはならないときがあるでしょう。例えば絵を描くことが好きな人は絵の具を買うために興味のない仕事をして絵の具代を稼がなくてはいけなくなるかもしれません。しかし自分の好きではない仕事だって、自分の好きなことのためなら苦痛を感じながらもやれてしまうものです。

そんなふうに自分の好きなことを続けていくことによって、自然と怠け癖から離れていくことだってあるのです。少なくとも何もやらないよりは何かをやったほうが良いです。なぜなら、何かをやったほうが何らかの経験を得ることができ、そこから何らかを吸収することができるからです。

自分の好きなことをやっているからといって、自分がいつも良い気分でいられるというわけでもありません。例えばギターが好きな人は、上手に自分の思い描く演奏ができずに連日苦悩することになるかもしれません。しかしそれは自分の大好きなギターを上手く弾けるようになるために必要な通過点なのです。好きなことをやる中にも苦痛を感じる場面はあるものです。その苦痛があっても好きなことを継続していくのであれば、そこから何か大きなものを得ることができるのではないでしょうか。

例として芸術活動を挙げましたが、芸術に触れるということは本当に良いことだと思います。創造すること、鑑賞すること、どちらも良いです。芸術に触れることで人はいろいろなことを考え、いろいろなことを感じます。特に創造することについてはとても多くのエネルギーを必要とするため、自然と活動的になれるものです。

このような感じで、ちょっとした工夫をして自然に怠け癖を解消することができる場合もあるのです。よくよく考えてみると、このような工夫をするほうがむしろ自然なことなのかもしれません。「怠け癖を正すという気持ちを持たなければ!」なんて考えるほうが不自然なようにも私には思えるのです。