· 

怠け癖による先延ばし癖を治す工夫

怠惰(怠け癖)による先延ばし癖を克服することはとても難しいものです。なぜ難しいのかというと、まず先延ばし癖の克服へ向けての取り組みそのものを怠け癖が阻害してしまいがちであるということ。そしてもうひとつは、その取り組みには多くの時間とエネルギー(本人の努力)が必要であるということが挙げられます。主にこれら二つの原因が、怠け癖を身につけてしまっている方にとって先延ばし癖の克服を難しいものとしてしまっているのです。よって、先延ばし癖の克服を目指す際には、これら先延ばし癖の克服を阻害する原因についてしっかりと検討する必要があるのです。

単純な話、怠け癖のある人間が怠け癖が原因となる先延ばし癖を克服しようとするならば、怠け癖を消滅させるほかに方法はないのです。つまり怠け癖がご自身の考え方(人生哲学も含め)に由来するものであるならば、ご自身の考え方を変えていくしか方法はありません。これはもちろん不可能なことではありませんし、実際カウンセリングにおいてはこのことこそ最大の関心事となるわけですが、一貫してこのアプローチにこだわるのであれば、先延ばし者による先延ばし癖の克服に対する強い決意があるということが前提となります。

よって、現実的に怠け癖が原因となる先延ばし癖を克服するためには、先延ばし者が先延ばし癖を克服するまでの過程において、その取り組みに対するモチベーションを失うことがないような方法を考えることが大切です。怠け癖による先延ばしの習慣が次の日にきれいさっぱり消滅していたなんてことは現実的にあり得ないわけで、前述のとおり怠け癖が原因となる先延ばし癖の克服には時間がかかってしまうものなのです。よって先延ばし者ご本人のモチベーションキープがとても重要になってくるわけです。

さて、先延ばし者ご本人のモチベーションをキープさせるためにはどうしてら良いのでしょう?これについて考えるということが、怠け癖による先延ばし癖克服の工夫について考えるということになります。つまりこの工夫というのは、先延ばし者ご本人のモチベーションを自然に無理することなくキープできるような工夫を指します。

実際のところ、私も怠け癖が原因となる先延ばし癖のカウンセリングにおいてこれらの工夫はよく考えたりします。これらの工夫は個別性を尊重すべきものであって一概にはいえないものですが、例えばご自身の成長の過程(怠け癖や先延ばしの軽減の度合い、その変化)を実感し続けていただく工夫や、先延ばし癖そのものを先延ばし癖の解消につなげる工夫などがあります。以下、後者についてもう少し詳しく説明させていただきます。

先延ばし癖そのものを先延ばし癖の解消につなげる工夫とは、簡単に説明しますと先延ばしの行動特性を逆手にとり、先延ばし癖を解消していくことをいいます。先延ばし癖の原因が怠惰(怠け癖)にあるのだとしたら、怠惰な気持ちを正すことが先延ばし癖の解消につながると考えるのはセオリーですが、逆に考えたら怠けることはいつまででもできてしまうわけです。つまり怠けることは先延ばしにしないのです。この事実を応用した考え方です。例えば自分の好きなことは先延ばしにはしないですし、自分の好きなことはなかなかやめることもないのです。

この考え方を発展させたものとして、作業興奮の活用というものもあります。作業興奮とは、やりたくないことでもいざやり始めると数分後には気分がのってくる現象をいいますが、あらかじめこの気分がのっているときにその作業をやめなければならないような何らかのルールを作っておきます。そうすると今までずっと怠けていたその作業をやめたくないという気持ちになり、その作業をやめるということを先延ばしにしたくなるのです。物理的に考えれば、そのままその作業をやめるということを先延ばしにしてその作業を続けてしまうことも結果的には課題の完了に近づく行為であるので悪くはありません。また、その場で不本意ながらもその作業を続けることをやめることに同意した場合でも、次の日にまたその作業をすることを待ちわびることになるのかもしれませんので、これも悪くはありません。

これらの方法は繰り返しになりますが、個別性を尊重したやり方でその人の置かれている状況や気持ちのあり方などを考慮した上で行う必要があります。そして先延ばし癖の原因が怠け癖である以上は、これらのやり方のみでは根本的には克服に至ることはないということも理解する必要があります。

しかしそれでもこれらのような応用法は大いに活用していくべきだと私は考えております。なぜならこれらの応用法を用いることにより、そのやり方を継続していくことによって感情面における変化も期待できるからです。それは心理的な問題を克服する(怠け癖)ことにつながるものと私は考えております。つまりこれらの応用法は全て先延ばし癖の克服を目的としたものではなく、先延ばし癖の根本的な原因(怠け癖)を解消するために必要なモチベーションキープを目的としたものであるということをご理解いただければと思います。

 

アマリリスカウンセリングサービスのご案内です。怠け癖、先延ばしのカウンセリングに興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。