· 

失敗恐怖

失敗の許されない大きなプレッシャーのかかる場面。皆さまも経験されたことがあるのではないでしょうか?スピーチ、プレゼン、試験など。。。上手くやらなければならない場面はたくさんありますね。私はクラシックギターを弾くのですが、人前での演奏などがそのような場面になるのだと思います。やはり演奏の前はとても緊張するものです。

「失敗してはいけない」。この思いが強くなれば強くなるほどプレッシャーは増していきます。そしてこのプレッシャーがピークに達すると、失敗することに対して恐怖を感じ始めます。こうなってはもはや良いことはないですよね。

しかし、プレッシャーを自らのエネルギーとすることができる人もいます。いわゆる本番に強い人です。このような人は、そうすることでご自身にとっての良い結果を得られるのでしょうから、問題視することもありません。もしかするとそのプレッシャーを適切な温度にコントロールすることができているのかもしれませんね。

また、プレッシャーに対して上手く対処できるという人もいます。きっとその方法は人それぞれ違ったもので、その人には上手くいくのに、別の人には上手くいかないなど、それらの方法には「自分にはこのやり方がいい」などといった相性のようなものがあるのかもしれませんね。

一方で、プレッシャーに上手く対処できない人もいます。極度のプレッシャーを感じ、呼吸が浅くなったり、手がふるえたり、頭が真っ白になってしまう人もいます。こうなってしまうと辛いです。そのような状況においては、ご自身の納得のいく結果を手にすることは難しいと言わざるを得ません。事前練習など懸命に努力されてきた方にとっては、全てが水の泡になってしまったと感じられることだってあるでしょう。

先ほど私は人前でのギター演奏の場面でプレッシャーを感じるとお話しました。ちなみに私の主な症状は手のふるえです。弦楽器の演奏で手のふるえはキツイです。私は長年、このプレッシャーによる手のふるえに悩まされてきた経験があります。なので、日々の努力が水の泡になってしまったときの辛さは良く知っているつもりです。自分のイメージしたことができない悔しさ、情けなさ、そして手のふるえを人に見られてしまったことに対する恥ずかしさ。。。これらのことを今でも良く覚えています。

しかし幸いにして私の手のふるえについては、今では随分解消されています。自然に解消されたわけではなく、いろいろと自分なりに考えて実践してきた結果だと思っています。

私はREBT(rational emotive behavior therapy=アルバート・エリスが提唱した心理療法)を学ぶ身ですので、当然のように日頃からREBTをセルフヘルプとして活用しました。そしてギター演奏についてもREBTを活用することによって、楽器演奏者に対するREBTの可能性を感じることができ、現在もギター演奏者の手のふるえや失敗恐怖については研究を重ねております。

結局のところ、失敗に対する恐怖のお悩みについては「失敗してしまう可能性の余地を自分に与え、それを認める」ということが要になると考えます。「絶対に失敗してはならない」と頑なになってしまうと、自らが自らにプレッシャーを与えることになります。もちろん先ほどお話したとおり、意図的にそのプレッシャーを自らに与え、それを上手くコントロールすることで自らを鼓舞し素晴らしいパフォーマンスを発揮できる人もいるでしょう。しかしそうではなく、「絶対に失敗してはならない」と信じた結果がご自身にとって良くないものであり続けている人は、その考えを修正するべきなのではないかと私は思います。よくあるのが、「失敗したくはないが、失敗することだってあるだろう」という考えを持つことへの拒絶です。このようなタイプは熱心に頑張る方が多いように思います。例えば楽器演奏者が「そんなぬるい考えでステージに立つのは失礼だ!」と反発することもあるでしょう。スポーツ選手が「絶対に勝たなければならない」と気持ちを集中しているところに「勝ちたいとは思うけど、負けることだってあるだろう」だなんて考えはなかなか持てるものではありません。勝負の前に負ける可能性を考えるのは難しいでしょうからね。

しかし、ひとつだけ考えてみて欲しいことがあります。「絶対に失敗してはならない」を信じた結果は、いつもどうであったか?ということです。もしその結果が良好なものであったとしたら、それは上手くいっている証であり、問題視すべきものではありません。もしその結果が大抵の場合良くないものであるとしたならば、「絶対に失敗してはならない」を修正することが役に立つ可能性があります。

ぬるい考えでステージに立つのは確かに失礼なことかもしれませんが、結果として今まで以上に良い演奏ができるのだとしたらどうでしょう?そのぬるい考え(私はそれがぬるい考えだとは思いませんが)を持つことで、自身のパフォーマンスをこれまで以上に向上させることができるとしたら少し考えも変わってくるのではないでしょうか?

そもそも無理なんです。「絶対失敗してはならない」なんて。その考えは現実的ではないんです。成功も失敗も認めることができる柔軟で現実的な考え方を持つことは、全然間違った考え方ではありません。しかし、実際のところは、すぐにそんな柔軟な考え方を信じることはできないのかもしれません。私自身がそうでしたから。もし楽器演奏をされる方の中で少しでもREBTを活用することに興味をお持ちの方は、ご連絡ください。私になにかお手伝いできることがあると思います。

なお、先ほどの「絶対に勝たなくてはならない」の件ですが、私が考えるに、万が一勝てなかったときご自身がどうであるかということなんだと思います。ひどく落ち込み、感情を惑乱させてしまうのか、あるいは気持ちをすぐに切り替えて「こんなこともある。今日のことは振り返ったあとにはすぐに忘れて、次の試合に気持ちを集中しよう」と思うことができるのか。前者の場合に、気持ちの落ち込みがしばらく続き、自らを疲弊させ、時間を浪費してしまうなど(練習に集中して取り組めないなど)があるのだとしたら、考え方を今よりも柔軟にする必要があるのかなと私は思います。