· 

決断の瞬間に着目する

先延ばしや回避行動はどうして起こるのか?それは自らがそうする決断を下すからにほかなりません。

先延ばしの場合であれば、「課題をあとまわしにしてほかのことをやる」という決断を自らが下した結果であり、回避行動にしても「やめておこう」という自らの決断による結果としての行動であるわけです。ちなみに先延ばしの場合には、意図せずに「気がついたら先延ばしをしていた」などというものもあります。そのような場合であっても、意識的、無意識的に関わらず、先延ばしをすることを決断している瞬間というものはあるものです。例えば、「やるべき課題をやろうとしていたのに、ほかのことに気をとられてしまい、気がついたらやるべき課題を先延ばしにしていた」などという場合でも、ほかのことに気をとられてしまった時点で「やるべき課題をあとまわしにしてほかのことをする」と暗黙のうちに決断していると捉えることもできるのです。

そういうことなので、私は先延ばしや回避行動のお悩みに対するカウンセリングでは、それらの行為を決断するまさにその瞬間の出来事に着目することが多くあります。そしてそれらのお悩みを解消する方法を、その瞬間的な出来事に対してクライエント様と共に話し合っていくのです。つまり、その瞬間的な出来事をどう生き抜くかということです。瞬間的に発生する「課題をあとまわしにする」や「やめておこう」をパシッと封じるのです。

言葉で言うのは簡単ですが、確かにこれは難しいことです。それを実践する際に役立つ考え方として、瞬間的にネガティブな考えが頭をよぎったときに、「それをやる」という決断をした結果と「それをやらない」という決断をした結果とを頭の中で比較してみることは良いと思います。先延ばしや回避行動を行った結果、自分は何を得て、何を失うのかを理解することは、瞬間的に発生するネガティブな考えを封じることの役に立つはずです。なお、自らが意図していない先延ばしについては、物的環境の側面から対策を講じる必要があるかもしれません。しかしこの場合でも、「それをあとまわしにしてほかのことをする」の決断を下すその瞬間的な出来事に着目するということには変わりありません。その瞬間的な出来事に着目することで、先延ばし解消のための策を考えることができるからです。

おひとりでお悩みの解消が困難な場合には、カウンセラーと協働してお悩みに取り組むことをおすすめします。

 

 

先延ばしのカウンセリングのご案内はこちら

不安による回避行動に対するカウンセリングのご案内はこちら