· 

不安による先延ばしについて

不安や怠惰が原因となる先延ばしは、やるべき課題に対する回避行動であると考えることができます。回避行動は防衛的行動です。よって、不安による回避行動である場合には、不適切でネガティブな感情を経験することに対する回避だけではなく、生命の危機に関わるような重大な局面における危険回避があることも忘れてはなりません。危険回避である場合には、それが適切な防衛的行動であると考える必要があります。その点については決して忘れてはなりません。

一方で、不適切な回避行動としては、自分のやってみたいと思う事柄に対して「大変な努力が必要だし、辛い目にもあうだろうから自分にはそれが耐えられないかもしれない」とか、仕事の営業先で自分の苦手な人がいるような場合に「あの人に会えばまた嫌な思いをするだろう」などといった不安な気持ちから派生するものが挙げられます。これらの不安な気持ちが不適切な回避行動を生み出し、結果として先延ばしにつながるのです。

この不適切な行動を適切な行動へと変容させるためには、不安の対象となる事柄に対する考え方の変容が必要です。「大変な努力が必要だし、辛い目にもあうだろうから自分にはそれが耐えられないかもしれない」であれば、「大変な努力が必要だし、辛い目にもあうだろうけど、自分のやりたいことのためだったら耐えられないこともない」などといった考えが持てれば良いでしょうし、「あの人に会えばまた嫌な思いをするだろう」であれば、「あの人に会えばまた嫌な思いをするかもしれないけど、これは仕事なのだから仕方がない」などと思うことができれば不適切行動は解消されることでしょう。このような考え方の変容にまず必要なことは、「大変」や「辛い」や「嫌だ」といった思いは、その出来事に対する自分の捉え方や考え方が生み出しているものであるということを理解することです。そして、不安は自らの予測に基づくものであることを理解した上で、その予測が実際に起きてしまったときにその出来事を自分がどのように捉えるか、そしてその瞬間をどのようにして生き抜くかを考えることです。

もし不安の原因が単純に準備不足や練習不足によるものである場合には、それらの不足を補うことによって不安が解消されることもあります。その際に、その不足を補うための取り組みがなかなかできないような場合には、それができない原因を考えていく必要があります。その原因としては、「怠惰な気持ち」や「準備や練習に対する取り組み方の知識不足」などが挙げられます。その原因が理解できれば、その原因について考え、対策を講じることができるようになります。

不安による回避行動の結果としては先延ばし以外に、「やらないという決断」というものもあります。上述の危険回避などがそれに当たりますが、「それをやらない」と決断している以上、その時点でそれは先延ばしにはなりません。ただし、他者がその決断を知り得ない場合には、他者にその振る舞いが先延ばしの印象を与えてしまうことがあるということも忘れないようにする必要があります。

 

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリング

 

不安による回避行動に対するカウンセリング