· 

バランスのとれた行動

バランスのとれた行動をすることは、いつだって大切です。バランスを崩すと痛い目にあいます。バランスボールから転げ落ちたとき、私はそれを理解します。

 

極端に考えないことです。例えば、今日幸せでありたいからと目の前の楽しみを求めすぎると、将来苦しい思いをするかもしれません。一方で、将来の幸せを求めすぎて今を生きていると、目の前の楽しみを失いすぎてしまうかもしれないのです。ここにバランスをとることの難しさがあります。そのどちらにもメリットとデメリットが存在するからです。何かを得るために何かを失うのです。それはつまり、欲しいものと失うものの配分を考える必要があるということです。

 

誰でもできれば、今を楽しみたいし、将来も幸せでいたいと願うものです。そのためにバランスを考えることは大切なのです。今そこにある楽しみを求めすぎないこと、かと言って将来の幸せを求めすぎないことです。今も将来も幸せであるためには、それが必要なのです。

 

結局どうしたら良いのか?

 

自分の行動がもたらす結果について慎重に考える習慣を身につければ良いのです。