· 

怠惰と嫌悪感の関係

怠惰な気持ちが強くなると、次第にそれは嫌悪感へと変化します。「面倒くさくてやる気になれない」が、いつしか「それをするのが嫌い」に変化してしまうのです。

課題から目を背け続けることによって、人はその課題をネガティブに、そしてより誇張して考えてしまう傾向があるものです。それゆえ人は常に、現実と向き合うことが必要とされるのです。もしかすると「面倒くさくてやる気になれない」と思っていても我慢してそれに取り組んでいけば、次第にそれに慣れて面倒くさいことではなくなることだってあるかもしれません。少なくとも我慢してそれに取り組んでいれば、現実的にそれがどんなものであるかを知ることができるため、それをネガティブに誇張して考え、嫌悪感を抱いてしまうようなことにはならないでしょう。

良いことも悪いこともあるのが人生。楽しいことも楽しくないこともあるのが人生ってものですよね。

人は誰でも「しょうがないなぁ~」と、我慢して、仕方なく課題に取り組まなくてはならないときがあるものなのではないでしょうかね?

それは嫌悪感を抱く前の、「面倒くさい」と思っているうちにやれたに越したことはないのだと思います。

 

 

先延ばし(PCN症候群)のカウンセリングはこちら

 

怠惰による回避行動に対するカウンセリングはこちら