· 

ストレスと回避グセの関連

 怠惰(怠け癖)による回避行動のお話です。ここでは仕事の休みグセがついてしまった人の例を挙げてみます。自分では良くないことだとわかっているのに、たびたび朝職場に向かうことなく休みの連絡を入れてしまう・・・どうしてこんな行動をとってしまうのでしょう?

 この例のような回避行動にはいろいろな原因が考えられます。例えば怠惰だけではなく、不安が原因となっていることもあります。いずれにしてもこのような場合において、ご自身のストレス状態がどうであるかに目を向けてみることは回避行動の改善に役立つかもしれません。キーワードは「強烈な解放感」です。

強烈な解放感

 仕事に行くのが億劫で、その日の朝仕事を休むと決断した瞬間(回避の決断をした瞬間)に、その人が得られるものといったら、それは強烈な解放感です。朝目が覚めて仕事に行くのが億劫で強いストレスを感じている状態から、「今日は休みます」の一言で、突然その日は自由の身となってしまうのです。この現実世界と夢の世界ほどの大きなギャップが強烈な解放感を生み出すのです。

 

 「今日は仕事に行かなくてよくなったんだ!」

 「今日は自由の身だ!」

 「好きなことをして過ごせるんだ!」

 

 一方で、その人が仕事に行く一日とは、嫌いなことをしなければいけない不快な一日です。そんな不快な一日が始まろうとしている朝においては、この強烈な解放感は中毒性を持ちます。またこの感覚を味わいたくなってしまうのです。

不適切な認識による成功体験

 次に、もしその回避行動がクセになってしまった場合に着目しておきたいのが、不適切な認識による成功体験がその回避行動の強化子となっていないかという点です。朝目が覚めて仕事を休むと決断し、職場に連絡を入れ、その日仕事を休むということが許可されたときに「こうすればいいんだ」と、それを強いストレス状態から解放されるための成功体験と受け止め、その成功体験が回避行動を強化してしまうことがあるのです。

回避グセを改善するには

 ひとつの仮説として、「強烈な解放感」と「不適切な認識による成功体験」の組み合わせが、回避グセ(ここでは仕事の休みグセ)を生み出すと考えることができます。すなわち回避グセを改善するためには、強烈な解放感を必要としない適度なストレス状態に抑えるか(強いストレスを感じていなければ、強烈な解放感は得られません)、あるいは日頃から適度に解放的な気分でいられるような生活を送れるようにすればよいのです(束縛されていると感じるから解放されたいと思うのです)。また、不適切な認識による成功体験を自らが「不適切であった」と認識することです。

 

 強いストレス状態を適度なストレス状態とするために、あるいは日頃から適度に開放的な気分でいられるようにするために必要なものは、高いストレス耐性です。そして、不適切な認識による成功体験を自らが「不適切であった」と認識するためには、適切な行動によって得られる解放感と、不適切な行動によって得られる解放感を区別できるようにすることです。これらを区別するために、解放感を得たあとに生じる自らの感情に目を向けてみるとよいです。適切な行動によって得られた解放感には充実感が伴います。一方で、不適切な行動によって得られた解放感には充実感は伴わず、代わりに罪悪感などのネガティブな感情がいずれ沸き起こるはずです。逃げること(回避すること)で解放感を得ようとしても、良いことないのは明らかです。

カウンセリングが最良の方法です

 高いストレス耐性を手にするために、関連書籍を読んでみたり、ネットでいろいろなストレス関連の記事を見てそこから何らかの気づきを得たりする方法も悪くはないのですが、最良の方法はカウンセリングを受けることだと私は思います。なぜなら書籍などから得られる知識に個別性を持たせることは難しいからです。

 対面形式で行うカウンセリングでは、個別性を尊重した話し合いができます。そこがカウンセリングのメリットです。例えばここで例に挙げた仕事の休みグセの話についても、「職場に意地悪な人がいる」「時間で厳密に束縛されている」「責任に押し潰されそうになっている」など、実際は各人が抱えるストレスはさまざまな状況があってのことです。

 「高いストレス耐性を身につけて回避グセを改善したい」とお考えの方には、一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。あなたのためだけの改善方法を習得することができるはずです。