· 

何もしないことの理由を考える

人が何かをするには理由があります。同じように人が何もしないということにも理由があります。

先延ばしや回避行動でお悩みの方の中には、自分がどうしてそのような行動をとってしまうのかをある程度理解されている方は多いです。それでも先延ばしや回避行動はわかっているけどやめられないものです。「面倒くさいから」「あの人に怒られたくないから」など、ご本人が理解されている先延ばしや回避行動の理由はさまざまです。

多くの人はこのような理由について「では、どうしたら良いのだろう」と解決策を考えます。そこで深く考えた結果、自分なりの良い解決策を見つけ出すことができる人もいるかもしれませんが、実際のところなかなか難しいものなのではないかと私は思います。

私としては、ご本人が理解されている先延ばしや回避行動の理由をもう少し深く掘り下げてから解決策を考えてみることをおすすめしたいです。例えば、「面倒くさいから」についてもっと深く観察し、その結果「そもそもどうして自分は面倒くさいと思ってしまうのだろう?」という疑問を持つことができたとします。そうしたら今度は、その疑問について深く考え「この課題を進めていく過程で、自分には難しくてどうしていいのかわからないような事柄があるから気持ちが怯んでしまったんだ」ということを突き止めたとします。これくらい具体的な理由が導き出せたら、解決策を考えて良いと思います。具体的な理由が見つかれば、具体的な解決策を見つけられる可能性が高いといえるからです。

同じように「あの人に怒られたくない」についても良く観察し、深く掘り下げてみます。「どうして自分はあの人に怒られてしまうと困ってしまうのか?」、その結果導き出されるものは「自分は人に怒られることには慣れていないから、精神的ダメージが大き過ぎるのだ」とか「自分はいつも人に好かれていたいと願っているからだ」などといった感情的な理由だったりするかもしれません。そのような理由が見つかった場合には、「その感情を自分はどのように扱うべきなのか」について考えることが解決策につながることでしょう。ここでの考え方としては、「自分は人に怒られることには慣れていない(つまり、人に怒られたくない)」や「自分はいつも人に好かれていたい」といった考えを持っていることが自分の役に立つかどうか、自分を幸せにするかどうかについて考えることであり、その考えが理にかなっているものなのかどうかについて考えることです。そして、それらの考え方を自分の役に立つ、あるいは自分を幸せにする考え方に変換すること。その考え方を理にかなったものに変換することです。

 

実際のところ、これらのことを自分ひとりで行うことは難しいと感じるかもしれません。そんなふうに感じたときには、心理カウンセリングを受けてみるということを考えても良いのだと思います。心理カウンセラーはクライエント様のお悩みについて一緒に考え、解決へ導いていく存在です。

それは良い経験となるはずです。ご自身の抱えるお悩みを自分自身で解決できる術を習得することができるのですからね。